TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに内房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

14才の息子の居る父親。釣りは見よう見まねの初心者です。最近カヤックフィッシングばっかりになってます。

先日のカヤックフィッシングが不完全燃焼だったので、近所でシーバスを狙う事に。

まだバチ抜けしているぽいので、満潮前後の湾奥河川を狙います。

満潮直前から現地入り。準備しているとちょいちょいボイルがあります。

今日使ったルアーはこちら。
バチ抜けルアーを色々試してみます。
fullsizeoutput_4579
最初はマニック。
橋の下で引っ張るとコンっといきなりしっかりめのアタリがあるも、驚いて合わせてしまい、結果抜けてしまった。そのまま待っていれば掛かってくれた感じだった。
すこしそのままやってみるも、当たらなくなってしまった。

今度はフィールに変更。
これも二回くらいアタリがあるも、フッキングまでしない。4つも小さなトリプルフックがあるのに何故かからないのか。

次いでエリア10。それからワンダー。こちらも不発。

その後ボイルが落ち着いてきたので、少しレンジを下げてみる。
これが当たり。エリア10EVOでの一投目でセイゴ君が掛かってきました。
jysRv5UgQaaQhbZhYqO5bg
リリース直後にベールが誤って下がったまま投げてしまい、エリテンEVOは遠くまで飛んでいってしまった。汗

その後ヤルキスティックで2アタリ1フィッシュ。
fullsizeoutput_4577
すこしやってみるも下げが出てきたのかボイルがほとんど無くなってしまう。

もう一つレンジを下げるために11gのローリングベイトLWに変更。
これが一発でアタリ。
fullsizeoutput_4578
シーバス釣りはルアーの変更がてきめんなのがいいですね。お金掛かるわけだわ。

ということで今日は小さいなセイゴ君だらけでしたが、先日のフラストレーションは無事にさっぱりできました。
fullsizeoutput_4579











いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村
 

房総の南の南まで行けそうだった週末の風予報。
直前で風が強い予報に変わったため、すこしだけ北に予定を変更。

すこしだけ水深の深いところでもできそうなので赤いお魚を目標に。
市原あたりでイワシの回遊もあったと聞いたので、青物も入って来ているでしょうか。
bnS1HCLcRXODUskDHjeijA
かなり早く到着して準備OK。

出航してみますが、この日は一切ベイトが居ない。

たまに写る魚らしきシルエットもすぐに居なくなってしまいます。

うろうろしてみますが、小さな反応を見つけては叩くという繰り返し。
そんな中で小さめのホウボウとカサゴを友人がゲット。

僕は一度掛かった鯛のようなアタリが、途中で抜けてしまいました。ホントに残念。
WckZ1mywQii4aKspIO7VHg

ということで、他にいらっしゃったボートの方もこの日は厳しかったようです。
aJT%70URTDy0LMn9syaRew

まもなくGW、暖かくなってきた気候が海にどんな変化をもたらしてくれるのか楽しみです。
(今回も期待してたのに・・泣)
 
 

釣り道具で買って良かった物。

ノットアシスト2.0。
fullsizeoutput_3de4
fullsizeoutput_3de2
fullsizeoutput_3de5
fullsizeoutput_3de6
fullsizeoutput_3ddf
fullsizeoutput_3de0
fullsizeoutput_3de1
「簡単にできるFGノット」みたいな動画を見て何度か練習したのですが、いまいちうまくできなかったんですよね。組めているけど、自分のノットが信用できていない。
で、これを買ってからそういう心配が一切無くなりました。
この安心感の為に買った感じ。
IMG_0794
IMG_0795
IMG_0796
IMG_0797
テンションを掛けながらなので、ノットがきっちりと組めるのがいいですね。

「FGノットが自分で組めるようになったら初心者脱出!」なんて聞いたことあるフレーズですけど、安心感が一番大事。ずっと使い続けると思います。




 いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村
  
 

↑このページのトップヘ