TOKYO-BAY OFTEN.

主に東京湾の内房・湾奥のフィッシングをちょいちょいレポート。

14才の息子の居る父親。釣りの道具とか釣果とかあれこれ。釣りは見よう見まねの初心者です。元々レジャーでやっていたカヤックでも釣りをはじめてはまってます。

カヤック用に魚群探知機、購入しました。

家族に話すと「お魚がみえるって、なんかそれって邪道じゃないの?」 と言われました。まーちょっとそんな気はしますよね。笑
とはいえ、カヤックだと広い海原でどこでどうしたらいいかわからないと言う事と、あとはなによりGPSがあるので安全の為ということで購入に踏み切りました。釣り船は魚探で探したいい場所に連れてって貰うんだから、あれと同じ感じですかね。

GARMIN ECHOMAP CHIRP 43CV
IMG_0329
画面はテスト画面。海外から直接購入したので、本体もマニュアルも英語ですがそんなに難しくない内容です。振動子はセットで付いてきたCV20というちょっと古いタイプですが、まずはこれでやってみます。CV20は浅瀬ではソナー幅が広いので浅い東京湾で使うには悪くないかも。
IMG_0328
GPSもついているし、通った場所の底の地形を読み取って保存できたり、魚探記録もできたり、かなり色々な事ができるようです。
IMG_0330
ということで、バッテリーの準備や防水ケースなど自作して準備。
IMG_0327
ホームセンターで防水のケースを購入。(ステッカーがかっこわるかったので家にあった物を貼り付け)
fullsizeoutput_3de9
ガーミンに付属の電源ケーブルの先端を平端子に交換。
IMG_0274
バッテリーは12Vのバイク用のもの。
IMG_0278
電源ケーブルを通す穴を開けて、防水のケーブルクランプ(ケーブルグランドとも)を取付。
IMG_0273
IMG_0272
鰐口クリップにて充電。1時間くらいでできます。 訂正:6時間くらいかかりました。最初だけ充電済みだったようです。
IMG_0277
IMG_0280
fullsizeoutput_3dda
振動子は船底に。これでも十分機能しました。(水温だけは×)IMG_0311
IMG_0312
本体はアルフェックのフィッシングベースに取付。
IMG_0309
IMG_0305

ということで、使ってみましたので次回にでも釣果報告します。



いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村







 










久しぶりにシーバス狙いのショアフィッシングです。

台風のおかげで久しぶりに休める週末が強風となり、カヤックは諦め。
結局仕事してましたが、やっぱりちょっと釣りしたいと思いだし、日曜の夕方に近場で釣り。

台風一過でへんな魚(青物?)とか居たらいいなぁと。

IMG_0215
今朝方まで検見川あたりが青潮という話も聞いていましたが、午前ににわか雨が結構な強さであったためか、青潮はなくなったようですね。(ここは検見川よりちょっとずれてますが)
若干の穏やかな向かい風。鳥がベイトを探して居るみたいですが、動きはあまりないですね。

大潮の上げ止まりの時刻なのであまり期待してませんでしたが、17時半くらいから夕まずめまでやってみる。色々ルアーを換えてみました。

18時半くらいに鉄板バイブのキャンディーカラーにヒット。しかし、足下のテトラにひっかかりばらしてしまう。30〜40㎝くらいのセイゴでした。残念でした。。
IMG_0216
ということで、あまり期待してなかったのに魚の気配を感じられたので、これで良しとしましょう。
台風明け、今後が楽しみですねえ。




やっと休める週末とおもいきや台風ですね。

仕方ないのでルアーのコーティングでもしております。

初めて購入したウレタンフィニッシャー。
IMG_0209
クリップにぶら下げてどぶ漬け。
20分くらいしたら二回目を漬ける。
IMG_0210
メタルジグ。
IMG_0208
ミノータイプもやってみてます。
IMG_0207

玄関がシンナーの匂いで大変なことになってます。
4時間後に回収して、針を戻す予定です。


と、夜には乾きました。
IMG_0212
綺麗にコーティングされているもがほとんどですが、アルミ箔が使われたルアーのいくつかにシワが生まれてしまいました。

下の写真、新品のロックポップは問題なし。過去に使ったことのあるロックウォークとロックドリフトがシワになってしまった。
IMG_0211
あとは使用感のあったジグパラスロー。
IMG_0213

IMG_0214
使ったことがある物でもシワの無いものも多かったので理由は定かではありませんが、傷があったところから入り込んだウレタンがなにかしら影響しているのかもしれません。

傷の広がり防止で使うケースが多いかとおもいますが、新品時にやってあげる方がいいかもしれませんねえ。




 

 

↑このページのトップヘ