TOKYO-BAY OFTEN.

主に東京湾の内房・湾奥のフィッシングをちょいちょいレポート。

November 2017

検見川浜でカヤックフィッシング。
朝早めの時間だけの釣行。

既に連日寒くなってイナダの話を聞かなくなってしまったけれど、堤防よりちょっと沖ではどうでしょうか。あまり期待しないふりしつつ、本音は期待。
IMG_7522
カヤックの旗のポール(昔使ってたロッドの流用)を忘れてきてしまったので、近くの公園内で松の棒を見つけて代用。なかなか可愛らしくなった。
fullsizeoutput_3aa6
心地よい天気。
fullsizeoutput_3aa9
早朝は大きな潮目があって、鳥やボイルがほんの少しだけ発生。近づいて友人が一投目のバイブレーションでセイゴを上げる。
IMG_7529
僕もすぐに投げたところ少し大きいフッコサイズ。前半は活性高く表層近くが多かったです。でもサワラやイナダと比べると引きが全く違いますね。あの青物の引きはよかったと懐かしむ。
IMG_7530
ということで、今回はすべてシーバスでした。後半はフォール中のヒットが多かった。

友人はイワシカラーのバイブレーションとイワシピンクのメタルジグ。僕は先日仕入れたVJ-22ピンクでした。これ、いい動きの上にしっかりフッキングするのでバラシにくいです。
fullsizeoutput_3aa3

IMG_E7531

IMG_7533
二人でセイゴ、フッコクラス6尾をお持ち帰り。(ちいさいの1尾はリリース)
今回はわかりやすいナブラはなかったのですが、潮目までしっかり移動してあげるとちゃんと釣果がでることが解りました。

イナダは寒くなって三浦半島あたりに行ってしまいましたかね。




いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村






 

土日の混雑をはずそうと月曜早朝の検見川堤防。イナダかシーバス狙い?
息子も土曜出の振り替え休日なので一緒に参加。
IMG_7410
なのに。なのに。凄い人。
IMG_7411
平日でも賑わいは関係ないですね。
IMG_7413
朝マズメ時間にジグにシーバスがバイトするも乗らずでした。水面からルアーを上げようとした一瞬、くん。。と魚影がひらり。今日唯一のタイミングを逃した感じです。

その後、遠くで鳥山がちらほら見えるんですが、こっちに来てくれない。
手前はボラの子供ばかり。イワシが入ってくる様子がありませんでした。

息子用にダイワ ジョイナス3000を購入。格安モデルとはいえ、色のトーンやデザインがちょうどいい品の良さ。回転のなめらかさはレブロスの方がはるかに上ですが、いままでの古いリールよりもずっとなめらか。メカものは新しい方がいいですね。
でも、ジョイナスに最初から巻いてあるラインは使わない方がいいですね。ライン強度が弱すぎでジグが結び目の下から切れて飛んでいきました。次回までにPEに交換します。
IMG_7414
早めに移動。茜浜にも行ってみましたが、反応なく今日はおしまいに。
温度が上がってからの活性を期待しましたが、変化がありませんでした。陸っぱりで届く範囲ではそろそろ狙えなくなっているのでしょうか。
 IMG_7427



いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村




前回釣ったサワラとイナダ。
イナダは相棒の友人に提供。刺身、イナ大根、イナしゃぶなど楽しんでくれたみたい。
サワラは我が家で調理します。
IMG_7187
釣ったあとにストリンガーに付けていましたが、その後サワラの皮が赤く変色してしまいました。活かしておこうと使ったストリンガーだったのですが、釣ったときにエラに傷が付いてしまい自然と血抜きされてしまったらしい。変色はそれらのストレスからでしょうか。本当はすぐに内蔵もとってクーラーに入れた方がよかったのかもしれません。

元々はほんとにサバみたいなゴマ模様。
IMG_7181
IMG_7182
数時間後にすぐにお刺身にしました。(アニサキスチェック済)ちなみに胃袋の中はイワシでした。捌いている間も包丁に身がねっとり付く感じの脂の濃厚さ。非常に美味でした。息子も一気に食べてくれた。
IMG_7196
あとはカマを焼いたり。
IMG_7197
ムニエルにも。熱を入れるとふんわりほくほくになる身が最高です。
IMG_7320
サバ科だし皮の模様なども似ていて「サバの親分」みたいなイメージを持っていましたが、身は透明感のある白さだし、味は脂分が濃厚でサバとは全く違いました。 

またこんな光景をみたいですなぁ。
IMG_7194



いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村








なんとか時間を作って、初めての東京湾でのカヤックフィッシングです。
元々湖や河川でカヤックを7年くらいしていて、今回海釣りに初めて使ってみました。

カヤックは風と波、潮の流れに弱いので当然ながら安全最優先。天候をしっかりチェック。当日は大潮で干潮から満潮までの時間(引き潮に遭わない時間帯)、午後からは風がやや強くなるという情報だったので遠くへ行かず、天候が危なくない時間帯で早めに戻るようにしました。携帯でもリアルタイムに毎時天候をチェック。

友人の釣り師匠と同行。
カヤックの目印の旗は古い釣り竿をポールにした自作です。
IMG_7175
すこし波があったので、朝マズメ時間を過ぎても様子見。段々と凪になり出航です。
最初なのであまり遠くに行くことなく堤防近くの場所で釣りをすることに。水深は12mくらい。潮で若干流されるのでアンカーを下ろして流されないようにします。

魚探は無いので、鳥の山やボイルを探しつつ色々な方向へキャストして探ってみます。カヤックでは本来短い竿が適していますが、機動力が無いのでキャスティングの飛距離は実際あったほうがいいかも。9フィートの竿で丁度良かった。

暫くは慣れていないので遠くのボイルやナブラを見てあそこまで行けたらなぁ、と眺めるのみ。カヤックで移動してもすぐに消えてしまうくらいの短時間のナブラだったり、大きなナブラはかなり沖だったりで結局もどかしい。鳥が近くに来ないかと祈ってるのは堤防と一緒。
IMG_7179
少ししてからたまたま近くにナブラが発生。急いで漕いで移動、するとさらに船のすぐ近くにナブラが到来。エンジンの船であればナブラは収まってしまったかもしれない。ここがカヤックのいいところか。
目の前のボイルにルアーを投げると重量のあるヒット。

もの凄い引きで竿がしなる。イナダを超えてワラササイズか。。

落ち着いて時間をかけて引き上げました。
IMG_7181
なんとサワラでした。歯が鋭くて驚き。これまで遠くでおきていたナブラの正体はイナダだけじゃなくてサワラでもあったんですね。ここまで大きいサイズは初めてだったのでドキドキでした。
IMG_7182
その後は鳥山もなくなり、水面は落ち着いていたのですが、一度ヒットするもばらし。
IMG_7186
さらにその後にイナダが釣れました。アンカーのロープに巻き付いてしまい取り込むのにかなり苦労しました。PEが切れなくてよかった。
IMG_7184
ということで、満潮前に戻ることに。湾の中に戻るのは流れがあって思ったよりも大変でした。慎重な段取りで早めに戻ってよかった。無事に帰着。
IMG_7188
IMG_7187
落ち着いてからサイズ計測。
IMG_7192
IMG_7195
82cmの魚はこれまでの自身最大サイズ。クーラーに入らない。はみ出たしっぽが作り物みたいです。
IMG_7190
SUPやウィンドサーフィンの方達にはカヤックが邪魔じゃないか心配でしたけど、挨拶すると「釣れた〜?」なんて声を掛けて下さってみなさんとても良い方々でした。

カヤックフィッシング、準備や片付けが大変ですけどいい経験になりました。



ヒットルアーはサワラもイナダもこちらでした。やっぱりピンクや赤系ですね。
fullsizeoutput_38df



いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村







玉網(たまあみ)つかってます。

タモタモってみんな言ってるので「玉網」って書いて「タモ」って読むのかと大人なのに勘違いしましたが、実際は玉網とは別に「網」(たもあみ)っていう名前があったらしくそこからタモが来ているとか。(辞書で調べた)

堤防でサビキなど小物釣りが多かった僕と息子はこれまであまり玉網の必要性を感じていなかったのですが、ぶっ込みでそれなりのサイズの魚が掛かったとき、周りの人に助けて貰ったりしていて、いつか買わなくちゃと思ってました。釣り具がそろっていても周辺の道具って後回しになりがち。しかも意外と高価。

玉網いろいろを調べると・・

・行きつけの場所に合わせたシャフト長さに。堤防でやるならシャフトが5mくらいあるとどんなところで使える。(長い場合は収納の問題が発生)
・網枠は水滴型のほうが丸形よりもコンパクトなのに取り込みやすい。(幅が狭いけど縦長)
・網とシャフトを繋ぐところが折れ曲がるジョイントがあるとコンパクト収納できる。(ただし2000〜3000円と結構高価)
・網はできれば大きめで深いのがいい。(けど大きいとかさばる問題も)
・かさばるので動くときはホルダーやショルダーベルトで身につけるといい。(パーツがいろいろお金掛かる)

・・などなど、いろいろ複雑で深い。調べるほどに細かいアイテムが必要そうで高価になっていく。


堤防で落ち着いて釣りをするなら柄の長いタイプの網が安くていいです。


でも、柄が長いのでかさばる。あちこち動いて釣りをする人にはシャフト収納時にコンパクトなものがいいです。
その後いろいろ考えて選んだのがこれ。
メジャークラフト ファーストキャスト500   シャフト長5m 網サイズ 55x47cm
IMG_6166
お買得でした。5mのシャフトで大きめの網が一緒になって、実売6500円くらい。上州屋とかアマゾンなどで調べて一応一番コスパがよいアイテムでした。コスパで選びましたがかなりしっかりしてます。
IMG_6162
折りたたみ用にジョイントも購入。
IMG_6164
使った後にクルマに仕舞うときのために100円均一でちょうどいい収納袋も購入。
IMG_6168
なお、ホルダーとかショルダーベルトは付属してません。
そのあたりのパーツはそのうち買えばいいやと、ホルダー無しで釣り場に持っていったら、釣り場で置いてちょっと目を離したスキに無くなってしまいました。(´・_・`) 縁が無かったんだな。

価格的には細かいアイテムを揃えても1万円くらいというのは大きなメリットでした。大きなシーバスや外海で青物などを狙う人はこのサイズが必要だと思います。

現在は2代目の別のタモを使用中。







で、今使っている2代目。
TAKAMIYA ランガンシャフト シャフト長3.9m  網サイズ 40x35cm

前のは(リーズナブルとは言え)いろいろ付けると1万円くらいしたので、もう無くなってもいいくらい安いのにしようと決めた。ということで、現在はタカミヤのシャフト長さ3.9mのタイプを使っています。普段僕が行っている釣り場ではこの長さで十分。一番のメリットは価格が4000円前後とリーズナブル。この値段で4m近いシャフトのタモセットは調べたらここだけでした。さすが釣り初心者の味方TAKAMIYA。ちなみにたまに品薄で購入できないときがあります。(僕は買うときに少し待ちました)
fullsizeoutput_37fb
シャフトが仕舞寸法で43センチと短いので、タモジョイントを付けて折りたたんだら本当にコンパクト。ショルダーベルトも元から付属。タモジョイントだけを追加で購入したらすぐに釣り場でコンパクトに使えます。

小さいのでいつも背中に下げて歩いても邪魔じゃないのがとてもいいんです。今のところ55㎝のシーバスも40㎝越えのイナダも無事取り込むことができたので、僕としては十分かと思ってます。今後もし80㎝のシーバスが掛かって取り込めなかったら泣きながら網だけ大きいのに交換するかもしれません。笑
fullsizeoutput_37f7fullsizeoutput_37fa
追加購入した青いジョイントがぴったりでした。暫く使って居ますが、かなり気に入ってます。
ちなみに釣り具のPOINTはTAKAMIYAがやっている小売事業なんですね。知らなかった。







買う際の競合はこちらでした。網は大きいけど、シャフトが結局3mなのでもう少し余裕が欲しくてタカミヤのにしました。





いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ