TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

October 2019

大雨翌日の前日カヤック釣行、濁りが酷く(僕だけ)散々な結果だったので、翌日も釣行に決定。少しは濁りが減っているといいのだけど。
ftXePU12TcSsQxxsJ06%ww
この日は早朝からスタート。
風もなく、凪。しかしベイトが少ない。大きめの魚はうろうろしているけど、底に居る感じ。大雨翌々日で水潮が表層にあって、底に海水があるとこういうパターンになるのでしょうか。

結果鳥もほとんどサーチ無し。
今回は青物メインということで、すこし沖目に向かって色々ルアーを投げてみる。
サワラを狙いたいのでミノーやスピンテールを投げる。

するとスピンテールでサワラがヒットするも、タモ入れ直前でギュイーンと逃げる際にリーダーが切られてしまう。30ポンドのリーダーでもギザギザに。対応できなかった。
AtVD5S7+RsiOJHE02XljsA
ワイヤーリーダーを持っていたのでそれ以降は使用。前回もヒットした40gスピンテール(モアザンリアルスピンTG)。これがその後にどはまり。
3本のサワラを上げられました。
Vxlx1s8qRUC5%R4LIqzGuw
先日釣ったサワラはすぐに上がってきたけど、今回の3本は海面直前からものすごい勢いで下に走る。怖いくらいです。その後上がってきてもまた海面で走る・・を3,4回繰り返すとやっと観念する感じですね。海面に頭を出してからは急に大人しくなります。


その後友人に僕のスピンテール(モアザンリアルスピンTG)を貸して使って貰いましたが、ヒットせず。同じタイミングで自分の別のスピンテール(コアマンPB)にはヒットするということがありました。

前日も同じルアーだけど色が違ったりするとダメとか、今回同じルアーでも微妙なアクションで釣果が違うという事があって、二人で釣りをしていると色々見えて面白いです。

その日になにがはまるか・・は、やってみないとわからない。

その後シーバスの時合いがあって数匹追加。シーバスでもスピンテールがマッチしていたようです。
IMG_5148
サワラ3本(最大98センチ)、シーバス3本。
fullsizeoutput_49a4
この週末釣りたかったサワラ、2年前の80センチを超えました。
捌きがいがあります。
fullsizeoutput_49a5
しかし、このポイントでは湾奥なのにイナダが一切みえませんでしたね。。
ちなみにサゴシチューンなどのミノーは今日に限って一切効果がありませんでした。(魚が浮いている時に使うとよさそう。)






この日はワイヤーがあっても釣果は変わらない気がしました。状況によるとはおもいますが、残念な思いをするまえに準備を。。




リアルスピンはほぼテーリングしないのがいいです。


 

先日から湾奥ショア青物ポイントにちょいちょい行っていますが、アクションが悪いのかなかなか釣れない。一度シンキングミノーでヒットするも、テトラでPEが切れてしまう。取り込みも難しいですね。

あとはダイソージグ釣ったり、デカカリシャッド釣ったり、ジグパラスピンテールを釣ったり。掃除ばっかり。
GS+vv+wISZKFHUGYZaAuUw
いつもイナダを数本釣っている方に聞くとアクションがどうも違うよう。
自分でも色々変化させたアクションをしているつもりでも、ほんのちょっと引き出しの幅が違うと釣れないですね。
まだまだ修行が足りないです。


ということで、足りない技術をカヤックで補えれば。。
久しぶりに週末カヤック釣行です。

心配なのは大雨の翌日ということ。濁りや水潮の具合が心配だけど行っちゃいます。
Krk4CAXLQxKNkWu4lQN9VQ
風の予報で10時くらいからの釣行。最初はそれほど濁っていませんでした。
河川から濁った水が来るので川から離れて釣り始めましたが、潮が変化すると川からの濁りが周囲に広がり一気に見渡すかぎりが濁ってしまう。

ミルクコーヒー色の海。
青物は結局確認できず。ベイトも少ない。
大きめの魚影が底でうろうろしているのは確認できるけど、あたらず。。

そんな中、友人に大物シーバスが釣れました。
fullsizeoutput_49a1
ものすごい引きで浮いてこないので青物か?と思いましたが、上がってきた時の顔の大きさに愕然。
75センチくらいのシーバス。しかしでっぷり太っていて凄い引きでした。

この釣果はVJの沖堤イワシカラーでヒット。
濁りのせいで大きなシーバスが普段食わないルアーに誤ってヒットしてくれたのでしょう。

しかし僕の投げた同じVJの赤金カラーではヒットしませんでした。濁りだからって目立てばいいというわけではないらしい。
釣りは本当にちょっとの差で違いが出ますね。勉強になる。


子バスは僕にも掛かってくれたけどリリースでなんとなく欲求不満。
翌日も行くことに決定。釣果に期待しましょう。


沖堤イワシカラーのデカカリシャッドを買っておこうと思います。






 

先日青物釣行でたまたまスピンテールに引っかかったホンビノス貝。クラムチャウダーにしてみました。

クラムチャウダーはアサリじゃ無くてホンビノスが使われるのが本場(アメリカ)のやりかた。
fullsizeoutput_4993
ダシを取ってからホンビノスを取りだして細かく刻んで入れ直し。
fullsizeoutput_4994
いいダシのでたクラムチャウダーになりました。


日にちは変わって幕張メッセにてお仕事。
IMG_5112
釣りスポットが近い場所でのお仕事は落ち着きませんね。


お仕事終わりで近場で釣り。(ちゃっかり道具持参)
すこし早上がりして青物でも狙う予定が長引いてすっかり暗くなってしまう。
結局オープンエリアでシーバス狙い。

色々投げましたが不発。
エリア10でアタリが出ましたが乗らず。 では似たようなタイプで。。
表層のちょっと下、Feel 125SGで出たのが25センチくらいのセイゴくん。
IMG_5113
最終的にバチパターンのような表層下ゆっくり巻きでした。

ここ最近は青物狙いばかりの早い釣りが多かったので、ゆっくりルアーを巻くのが新鮮でした。


台風の影響で濁りや水潮の雰囲気の湾奥ですが、ボラも良く跳ねているし夜の活性はそれほど悪くない気がしました。
あと、暗くなるとかなり寒いです。釣行の際は是非防寒を。


 

久しぶりに湾奥でカヤック。

湾奥の青物フィーバー、凄いですね。

今回はショアから届かないナブラを目指してカヤックです。サワラ釣りたい。

しかし、この日は風が強く、小潮で一時的に風が収まる日中だけしかできないという環境。
11時くらいから15時くらいまでの短時間釣行。
xpgAx7PnTCCbop4mmhXlbg
サワラ狙いなのでリーダーは30lb.にしました。これでも足りないかどうか。。 
 fullsizeoutput_4946
つい先日までは湾奥でナブラが起きたり、イナダ、サワラが釣れたという。
しかし、この日はどうやら朝から全然だめという情報ばかり。

実際魚探を見てもベイトの数は少なく、すこし大きめの魚の反応が一瞬でるという感じ。
ベイトを探してうろうろしているのだろうか。


すこし大きめの反応が出るとメタルジグを投げてみますが反応なし。
諦めて40gのスピンテールに変更。キャスティングで反応ないので、真下にスピンテールを落としてみると、それが功を奏し、ヒット。最初だけ強い引きでしたが、すぐにぐいぐい上がってくる。。
サワラです。目測だけど65センチ程度かな。
fullsizeoutput_4944
サワラってあんまりひかないですよね。歯が進化したから引きのパワーは進化しなかったのか。
網で良く写ってないですが、尾びれの手前にある水平尾翼みたいな出っ張りがカッコいいです。
BYH3z7JORwGg%3HC1H80gg
リーダーは予想通りギザギザに。でも十分30lb.で耐えてくれてました。

その後は底の反応は良いですが、ブルピンカラーのメタルジグを落として巻き上げると、30センチ程度のセイゴ・フッコサイズのシーバスが無限に釣れる。エラ洗いを堪能して友人の塩焼きサイズだけキープ。
hisexR+yQAiFWZSyYX7gBg
最後に縦の釣りでは小物ばかりだったので、VJでキャスティング。横の釣りをしてみると、友人のロッドに60センチくらいのシーバスがヒット。
Mjklh0KvSzCozeIROfh6Zg
最後にいい感じのサイズがあがったところで強風になってきました。
予報よりすこし早いか。急いで着岸。

ということで、目指していたサワラが釣れてハッピーな一日でした。
しかしナブラは一切起きなかったな。
fullsizeoutput_4943
そうそう、ジグパラのライブベイトカラー、凄いですね。
ついついリアクションバイトしてしまいました。
fullsizeoutput_4945

回遊している湾奥青物、まだまだいけますかね?
(ライブベイト使いたい)


 

 





↑このページのトップヘ