TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

March 2021

前回内房カヤックで釣果が出せなかったので、湾奥シーバスに労って頂くことにする。
いつもの相方と久しぶりのカヤック。彼は今年初カヤック。

早朝から出航。
TH_IMG_9821

上げ潮から開始。

魚探に魚はちょいちょい映るが一切喰う気配なく。
上下への反応もなし。

渋い状況のまま暫く時間が経つ。二人で無口になる。

水深のある場所へ移動。
潮が上げきった頃に友人のVJ-16アカキンにヒット。

その後僕もナチュラルカラーのVJ-16+デカカリシャッドにヒット。
TH_IMG_9822
とりあえず1本釣果が出て安心。
今日はかなり渋い日。
風の無い週末なので周りのカヤックも多いがあまり釣果がでていない模様。

満潮でイワシが少量入ったのか活性があがる。
同じくVJナチュラルカラーで追加。
TH_IMG_9823
ここ最近湾奥で調子が良かったスピンテールも良いのでは?と投げると反応は薄い。
なんとかリフトアンドフォールで追加。
TH_IMG_9825
友人のアカキンVJがかなり釣果がよくはまっている模様。何本も上げている。
僕も真似してみる。しかしデカカリシャッドしかないので、VJー16にアカキンデカカリシャッドで挑む。
とすぐにヒット。
TH_IMG_9826
しかし、VJ-16にデカカリシャッドだと、ヒットしてもすぐばれる。
TH_IMG_9836
理由はワームの長さ。
どうやら釣れていても渋いには渋いので、追いかけてきてワンアクションに反応してワームのお尻を喰っているらしい。シーバスらしい喰い方。

デカカリシャッドだとフックまで到達しないので、喰っても少し巻いたら抜ける事が多かった。
ばらしたヒットは5,6回あったんじゃないだろうか。VJ-16にはちゃんとアルカリシャッドを使いましょう。

とりあえず持っているデカカリシャッドでなんとか喰わせて頑張ってみる。
TH_IMG_9827
TH_IMG_9828
TH_IMG_9829
TH_IMG_9830
TH_IMG_9831
結局この日はミノーやスピンテールも投げたけど、一切反応なし。
それ以上活性は上がらず。

同じサイズのナチュラルカラーのVJー16でもダメ。
アカキンカラーのリフトアンドフォールみがヒットパターンとなった。
サイズのマッチしていた友人は13本。

僕は9本でギリギリツヌケできず。
TH_IMG_9832
上がったタイミングで他のカヤックアングラーとも話しましたが、このパターンを見つけられなかった人達は釣果が上がらなかった模様。僕らも友人のパターン発見がなければ同じ状況だったかもしれません。

後日twitterではファンキーダートでも上がっていたらしい。僕もファンキーダートを投げていたけど、ヒットしなかったので速度やアクションの感じがアジャストできなかったのかもしれません。

気温もあがってきたとはいえ、日々変わるパターンにどこまでアジャストできるかが重要なよう。やっぱり難しいですね。
TH_IMG_9833

ということで、帰りにアカキンのアルカリシャッドを早速購入。
また次回は違うパターンなのでしょうけども。笑




にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村 


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村   



VJはナチュラルカラー、チャート、ゴールドの三種は必須ですね。




 

今年のバチ抜けシーバス、湾奥千葉寄り界隈はよくないですね。


1月、2月にシーバスが戻ってこない。。という話は聞いていました。とはいえバチ抜けの後中潮の潮周りを数回トライしています。でもやっぱり釣れない。


3月1回目の後中潮の調査。

表層の反応もバチも見えなく。。
下げ潮も後半になった頃に、ブローウィン80Sのトゥイッチで1本。40センチ〜45センチくらいだったか。
TH_IMG_9708
今年、湾奥河川で困ったときにブローウィン80Sに助けて貰ってます。
TH_IMG_9332
父親が持って帰るというので捌くとアミをたべてました。



3月二回目の後中潮。

表層のボイルは一切なし。バチも確認できず。そんななか、フィールで2本。
同じカラーでは再現性はなく、ピンクとクリアダークレッドで1本ずつ取れました。
どちらも明暗の暗から明へのターンでヒットでした。
TH_IMG_9789
TH_IMG_9790
TH_IMG_9792


その翌日も行きましたが、今度はハクパターンのボイル。
何を投げてもはまりませんでした。

バチとおもえばアミだったりハクだったり、日々パターンが違って、わかりやすいパターンで爆釣・・とかなりませんね。
底も考えられるので、バイブレーションやローリングベイトも投げて居ますがアジャストできず。
考えられる無数のルアーを投げては日々洗ってます。

去年は1日に10本釣れた日もあったので、ついついその幻影を追いかけて期待して行くも、やられて帰ってくる日々が続いています。





にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村 


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村   
 
 







内房でカヤック。
フラットフィッシュ狙い。

今日は去年東京でシーバス大会があった時の1位と3位を取った釣りの上手い友人達との釣行。
じゃあ僕は2位を取るぞ。
TH_IMG_9750
午前は雨だったので、雨が上がる頃から出航。
満潮からの下げはじめ。
根回りから探る。ベイトは少ない。フィッシュイーターは底べったり。
1位の人はシーバスを釣り上げる。

3位の人にヒット。
ここからは動画で。。


なんと巨大なトラフグ。53センチでした。
TH_IMG_9752
ストリンガーが刺さらないので、一旦上流して置いてくる。
TH_IMG_9759
友人は魚屋さんの知人が居るというので捌いてもらうらしいです。

その後は潮が下げるほどに活性が落ちてしまい、激渋の釣りは終了。

1位の人はシーバス2,マゴチ1。底の釣りに長けている人なので、サスガの釣果。
全てスピンテールで底のアクションだったそうです。
3位の人も巨大フグのみ。
僕は・・カップ麺とコーヒーを楽しんで来ました。。(でも今日は3位だな)
TH_IMG_9760
底の釣りアクションのバリエーションをもっと増やさないと太刀打ちできませんね。

また次回がんばります。(帰りにワインドのルアーを買ってしまった)




にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村 


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村   
 

フグをストリンガーにつけるのを苦労していたら、ラバーネットの何カ所かを囓られてしまった。。
あまり酷かったら買い替えないと。。



 

↑このページのトップヘ