父親がいよいよ釣りにはまってきた。
連日電話してきて、連れてけというので、「仕方ないなぁ^^」と言いながら同行。
友人と一緒に3人で平日釣行。

高齢の父親と一緒の為、千葉側の湾奥のおかっぱりの場所を色々探している。
足場の良い快適な場所がなかなか少ないと感じる。
IMG_7651
すこしでも良い場所を探してたどり着いた。
湾奥の青潮が酷いのですこしでも南下しました。

夜明けから開始。
早々に友人が30センチ程度のマゴチをゲット。
IMG_7666
僕はアルカリ+ダートヘッドで60前後のシーバス。
fullsizeoutput_4c9b
その後僕も30センチくらいのマゴチを釣り上げるも、写真撮影前に落としてしまった。
時合いの時間は短く、その後はあたりもない。

満潮後の潮が動いても反応はない。ハクの群れが無数にいるのだが。。
IMG_7667
友人がシリヤケイカを引っ掛けたようだ。

その後、ストリンガーに吊り下げていたスズキ。
放置していたら潮が引きすぎて陸上に出てしまったようで、テトラの下に居たネズミに囓られてしまった。病原菌とか怖いので魚はネズミに進呈。3,4匹のネズミで宴会になっていました。
fullsizeoutput_4cac


潮は動いているようだが魚っけが無い。
こういうときはカップ麺と珈琲。
IMG_7654
元気が出たので釣りを続ける。
釣れそうもない雰囲気の海。僕は干潮間近なので次回に向けて海底チェックなどする。

そろそろ帰りたいが父親は熱心に投げて居ると・・

fullsizeoutput_4c91
下げ潮もピークになりそうなタイミングで、父がなんとワカシを釣り上げた。もう無理と思っていたのにすごい。
キャスティングの飛距離は本当に出ていないのだけど、とにかく熱心に投げての執念の1本。釣りはとにかく竿を垂らしていないと魚は釣れないし、垂らしていればいつかは釣れるときが来るということを目の前で見せつけられる。

これで3人とも釣果を出せた。


またルアーを買いに行こうと言っているので、父との釣行は増えそうです。
今度は沖堤とかも考えているところ。