友人とその甥っ子、父と僕の4人で湾奥ショアフィッシング。

梅雨明けするらしいのでこの日は暗い内から入って早めに撤退予定。

朝マズメ、甥っ子君と友人にシーバスがヒットするも、綺麗なエラ洗いでバラシ。
僕もその後バラシ。。
どうも食いが浅いというか、しっかり決めきれない日。

甥っ子君はその後ワンド状になっている場所でシーバスを上げた。

潮が下げきってしまったのでカフェ。
fullsizeoutput_4f79
上げ始めの活性を期待。

気温が上がってきたのでスピンテールを投げているとごつごつとボラ?に当たる。
このタイミングで一度ヒットするもまたバラシ。

そういえばコアマン泉さんが言っていた「ボラリバウンド」を思いだした。
バイブレーションがボラにぶつかった時に起きるヨレに周囲に居たシーバスが食うというメソッド。

ボラの下を通すとヒットするパターンはこれまでありました。

で、早速メタルバイブに交換して同じ所を通してみると、ごつごつとボラにあたった直後に、ゴン!と良いアタリ。
TH_IMG_8047
シングルフックなのでばらさずにやっと上げられました。35センチくらいだけど嬉しい1本。

その後父もスピンテールで無事に1本。
fullsizeoutput_4f7d
父はこれまで5,6回釣行していてボウズは一回だけ。
初夏の良いタイミングで始めているので良い釣果を維持してます。

なんだかんだ良く釣ってるよね、と聞くと
「釣れるまでやってるからな」
と名言。

これ、さらっと言ったけどホントにそうですよね。

今日のルアー