バチ抜け狙いで稲毛の河川で釣り。

前回バチ抜け感がわからない釣行だったのですが、今回はどうでしょうか。
2018/01 稲毛界隈。

試験前の中学生は忙しいので、友人と行く事に。

この週末は北西からの強風7mくらいですが、あの場所なら風が防げてできるかも・・というポイントを思い出して行ってみることに。前回の記事でみなさんにコメント頂いて、夜に満潮になるタイミングを見計らって、餌のイソメも用意して準備万端。あと重要な鍋焼きうどんも用意。笑

IMG_8251
ということで、満潮のタイミングから開始。強風も避けられる場所でよかった。強風だったから釣行者も少ない。

友人と何本か竿を用意。ウキ釣り、ぶっこみ、サビキに餌追加で胴付きなど、仕掛けを用意しました。合間にルアー釣りです。早速何回か竿の鈴がちりりと鳴りますが、乗らないことしばし。満潮から1時間くらい経った頃に20センチくらいのセイゴを友人がつり上げる。


バチは川の流れが速くてよく見えないのですが、強風のせいか水面にゴミが多いかんじ。
(あとで会った方に聞くとすこしはバチがでていたとか)
僕は何度かルアーを投げてみる。バチが見えなかったのでバイブレーションやシンキングミノーなど底の方を狙ってみていましたが、あたりがない。

今度は表層狙いに変更。エリア10のレッドヘッド。
川の流れでルアーを流しながらかなりゆっくりと巻いていたら二投目で小さなバイト。ほんとうにトンっていう軽いバイトですが合わせると乗った。引きも強くなかったのですが、近くにくるとかなり大きいサイズのスズキで驚きました。
IMG_8247
fullsizeoutput_3b65
暗いのでHapysonのサイズは当てにならないですが、70センチ以上はありそうです。
IMG_8273
今回は餌釣りの仕掛けもあったので、移動せずにその場で色々なルアーを試した事で釣れました。というか釣っている人はみんなそうしているんでしょうね。お魚は居る。そこに反応して貰えるルアーを投げられるかどうか。これからは今まで以上に色々と試さなくちゃと思ったのでした。しかし、こんなスローリトリーブで釣れたのは初めてなので驚いてます。スローデッドってこういう事なのか。。

餌釣りの釣果は写真をわすれましたが、友人と合わせてセイゴサイズが5匹。今回に限っては餌よりもルアーの方が大きいサイズが釣れました。餌でも場所やタナにもよっては大物も掛けられる可能性もあるんでしょうね。

ということで、最後は大事なミッション、鍋焼きうどんとコーヒーで強風の中暖まったのでした。
fullsizeoutput_3b49
IMG_8252
翌日、血抜きが上手くいったようで体は柔らかかったのですが、頭だけどうしても戻せなくて、正確なサイズが測れませんでした。。調理編はまたこんど。
fullsizeoutput_3b4b


いつも皆様の釣果をみて参考にさせてもらってます。


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村