TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

カテゴリ: つりレポート

先日青物釣行でたまたまスピンテールに引っかかったホンビノス貝。クラムチャウダーにしてみました。

クラムチャウダーはアサリじゃ無くてホンビノスが使われるのが本場(アメリカ)のやりかた。
fullsizeoutput_4993
ダシを取ってからホンビノスを取りだして細かく刻んで入れ直し。
fullsizeoutput_4994
いいダシのでたクラムチャウダーになりました。


日にちは変わって幕張メッセにてお仕事。
IMG_5112
釣りスポットが近い場所でのお仕事は落ち着きませんね。


お仕事終わりで近場で釣り。(ちゃっかり道具持参)
すこし早上がりして青物でも狙う予定が長引いてすっかり暗くなってしまう。
結局オープンエリアでシーバス狙い。

色々投げましたが不発。
エリア10でアタリが出ましたが乗らず。 では似たようなタイプで。。
表層のちょっと下、Feel 125SGで出たのが25センチくらいのセイゴくん。
IMG_5113
最終的にバチパターンのような表層下ゆっくり巻きでした。

ここ最近は青物狙いばかりの早い釣りが多かったので、ゆっくりルアーを巻くのが新鮮でした。


台風の影響で濁りや水潮の雰囲気の湾奥ですが、ボラも良く跳ねているし夜の活性はそれほど悪くない気がしました。
あと、暗くなるとかなり寒いです。釣行の際は是非防寒を。


 

久しぶりに湾奥でカヤック。

湾奥の青物フィーバー、凄いですね。

今回はショアから届かないナブラを目指してカヤックです。サワラ釣りたい。

しかし、この日は風が強く、小潮で一時的に風が収まる日中だけしかできないという環境。
11時くらいから15時くらいまでの短時間釣行。
xpgAx7PnTCCbop4mmhXlbg
サワラ狙いなのでリーダーは30lb.にしました。これでも足りないかどうか。。 
 fullsizeoutput_4946
つい先日までは湾奥でナブラが起きたり、イナダ、サワラが釣れたという。
しかし、この日はどうやら朝から全然だめという情報ばかり。

実際魚探を見てもベイトの数は少なく、すこし大きめの魚の反応が一瞬でるという感じ。
ベイトを探してうろうろしているのだろうか。


すこし大きめの反応が出るとメタルジグを投げてみますが反応なし。
諦めて40gのスピンテールに変更。キャスティングで反応ないので、真下にスピンテールを落としてみると、それが功を奏し、ヒット。最初だけ強い引きでしたが、すぐにぐいぐい上がってくる。。
サワラです。目測だけど65センチ程度かな。
fullsizeoutput_4944
サワラってあんまりひかないですよね。歯が進化したから引きのパワーは進化しなかったのか。
網で良く写ってないですが、尾びれの手前にある水平尾翼みたいな出っ張りがカッコいいです。
BYH3z7JORwGg%3HC1H80gg
リーダーは予想通りギザギザに。でも十分30lb.で耐えてくれてました。

その後は底の反応は良いですが、ブルピンカラーのメタルジグを落として巻き上げると、30センチ程度のセイゴ・フッコサイズのシーバスが無限に釣れる。エラ洗いを堪能して友人の塩焼きサイズだけキープ。
hisexR+yQAiFWZSyYX7gBg
最後に縦の釣りでは小物ばかりだったので、VJでキャスティング。横の釣りをしてみると、友人のロッドに60センチくらいのシーバスがヒット。
Mjklh0KvSzCozeIROfh6Zg
最後にいい感じのサイズがあがったところで強風になってきました。
予報よりすこし早いか。急いで着岸。

ということで、目指していたサワラが釣れてハッピーな一日でした。
しかしナブラは一切起きなかったな。
fullsizeoutput_4943
そうそう、ジグパラのライブベイトカラー、凄いですね。
ついついリアクションバイトしてしまいました。
fullsizeoutput_4945

回遊している湾奥青物、まだまだいけますかね?
(ライブベイト使いたい)


 

 





忙しいけど釣りに行きたい。
今回も早朝3時間だけの釣行。

満潮からの下げ。
fullsizeoutput_493f
うっすら明るくなってから最初に来たセイゴ。30センチくらい。
最初は違うルアーを投げていましたが、先日友人が釣果を出していたVJ-22に交換。その一投目のフォールでヒットでした。魚は居ます。リリース。
fullsizeoutput_4939
暫くすると鳥がうろうろ。近くの海面に鳥が近づいてきた時、VJにイナダがドン、とヒット。
fullsizeoutput_4942
小さなイワシがピチャピチャしているのも見えました。活性がとてもよい。

ボラもちょいちょいジャンプ。
ボラのジャンプって、ジグとかカヤックが通るとビックリしてジャンプしているケースがありますが、ということは、近くでなにか(ベイトかそのイーター?)が通ったからジャンプしたのかな。。
などど勝手な仮説を作りながら巻き巻き。

VJに反応が無いので、今度は30gのタングステンメタルジグに変更。
暫くしてイナダをもう1本追加できました。
fullsizeoutput_493b
次のヒットは「青物かな?」という強い引きだったけど水面に浮き上がってきた。シーバス。ギリギリスズキサイズの60センチ。ジャークしてたメタルジグを食うくらいなのでかなり元気が良かったです。
fullsizeoutput_493c
今回は最初スチールミノー30gでしたが、反応薄かったのですぐにVJに。その後はTGベイトでした。
fullsizeoutput_493d
朝の3時間釣行、暫く続けるかも。
fullsizeoutput_493e
サワラ釣りたいです。。岸に来ないかな。

先日、平日夕方に釣行して秋っぽい海でよい感じだったので、休日出勤なのに早朝だけ釣り。
3時間半の釣行です。


青物入ってるかなー。
fullsizeoutput_4937


今日は友人と一緒。

鳥がうろうろしているし、ちょいちょいボイルがある海。

明け方、友人のVJに30センチ程度のセイゴクラスが毎投あたるような活性の良さ。
とりあえず、1本釣って、その後はオートリリースなども含めて3,4本ヒットしてました。
友人のポジションが魚が溜まっているのか。


僕はすこし隣で全然ヒット無し。
メタルジグの遠投。あわよくば青物、というつもりで頑張ってみる。

少し経つと潮目がかわってきた。ボイルやボラのジャンプがあちこちであって活性が高そう。

そんなところで、友人にヒット。
タモ要員でお手伝いして無事ネットイン。嬉しい立派なサイズ。63センチくらいのスズキ。
IMG_4995
今日全然釣ってない僕。
今日ここに誘ったのは僕だから釣果の半分は僕ね!と友人に言い聞かせる。笑


さらに時間が経って潮目が変化。
メタルジグが良くないのでスピンテールにしてみるとヒット。イイ引きです。
浮き上がらない魚とバトル。上がってきたのは今年初の湾奥ショア青物でした。小さなイワシを吐きだしてます。
イナダ、と言いたいところですが、若干40センチに至っていないのでワカシですかね。
fullsizeoutput_492a
その後少し経ってまたもスピンテールにヒットしましたが、ネット直前で痛恨のバラシ。同じく青物でしたね。

ということで、短時間で立派なスズキと青物という釣果。
fullsizeoutput_4929
湾奥青物、いよいよ始まりましたね。
fullsizeoutput_4930





 

夏期休暇後、極端に仕事が忙しくなってしまい、釣りに一切行けず。
今日は平日夕方にすこし時間ができたので、湾奥近場の釣りでもやってみます。

前回釣行はカヤックなのにボウズだったので、かなり釣りたいストレスたまりぎみ。
今回はどうかな。。


夕まずめ前から日没まで1時間半くらいやってみる。
oG8HcNiKSZC5nYhFQ+Hgig
湾奥に青物が入っているような話もあるようですが、ショアから届く範囲では厳しそう。
鳥がサーチしている姿も見えますが、あちこちうろうろ。ベイトは恐らく少なく散っている模様。

・・と、いいつつも期待してついついメタルジグの30gを超遠投してみたり。。


しばらくは音沙汰なしでしたが、水深が極端に深いところが見つかり、底まで落としてからの軽めのジャーク。すると、ぐいっ、とヒットがありましたが、こちらもついぐいと合わせてしまい、竿にはっきりとあった重さが無くなってしまった。抜けてしまった。
シーバスぽいですね。。

数投後に同じパターンを目指し、今度はすこし速度を落として巻いてみる。するとまたもバイト。
今度は落ち着いて送り込んでからの合わせ。ぐっと巻きました。
無事にフッキング。
x9l35wasQjOTK7QrkGeu7A
上がってきた30センチちょっとのフッコサイズ。
サイズのわりに元気でイイ引きでした。
それなりに早めの巻きのメタルジグにアタックしてきたから、やる気のあるシーバスが来てくれたんでしょう。

1ヶ月ぶりくらいのお魚の感触。非常に嬉しいです。
満足できたので日が落ちるまえに帰宅します。


青物フィーバーの話が陸っぱりに届くのはまだ先ですかね。
まだしばらく仕事が忙しいけど家から30分なので、また時間を作ってトライしてみます。
C5OhJYJjS8uyvGtzLS3okg
1匹だけだったけど、久しぶりの魚はやっぱり嬉しいですねぇ。




ライトショアジギングでもタングステン。TGベイトでした。




 

↑このページのトップヘ