TOKYO-BAY OFTEN.

主に東京湾の内房・湾奥のフィッシングをちょいちょいレポート。

カテゴリ: つり道具

年始から忙しくなってしまい、釣りに行けず。
この土日も自宅で仕事だったのですが、竿を振りたいな・・・と、めずらしく自宅から自転車で行ける野池にほんのすこしだけ行ってみました。久しぶりのブラックバス狙いです。
IMG_7994
昨年秋にフルオーバーホールに出していた92年初期型カルカッタ100。
仕上がって以来海釣りばかり行っていて使っていなかったので、今回やっと初めて持ち出してみました。
IMG_7995
24年前のバス釣りブームの頃に購入したリール。
何年も寝かしていたこともあって、これまでノーメンテナンスで来ていましたが、流石に飛ばなくなってしまい、フルオーバーホール先を検索してみつけたのがリールメンテナンスドットコム。とても丁寧に対応して頂きました。

全分解によるメンテナンスに加えて、不良だったベアリング3個を交換。そのうち2個をチューンナップタイプに変更。いままでには無い飛距離で軽々と遠くへ飛ぶようになりました。やっぱりメカものはちゃんとしたメンテは大事ですね。
IMG_7998
ということで、ダウンショットにちょんがけ(常吉リグってもう言わないのね)で30分の釣行結果はノーバイト。
IMG_8001
日が落ちるとシンシンと冷えますね。 



暖かい部屋で皆様の釣果を拝見中。この時期に釣果を出しているみなさん凄いです。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村 

IMG_7779
次の東京湾への青物入りは4年後かもしれませんが、ライトショアジギングもできそうな長めのシーバスロッドを購入。
IMG_E7765
メジャークラフトのクロステージ CRX-964M。
4ピースのパックロッドです。
IMG_E7764
パックロッドマニアになりつつあります。
IMG_7787
10ft近いロッドが2ピースだと仕舞寸法が150cm前後に。クルマ移動でもどうしてもかさばってしまう。なので、僕はコンパクトさをいつも重視しています。20年前にバス釣りをしていた頃からパックロッドが大好き。当時のスコーピオン1604R-4も健在。いつでもどこでも持っていって、海外で何度も使いました。その後の最初のシーバスロッドも格安のパックロッドでした。今回新しいロッドを買ったのでこれは息子に贈呈しよう。
IMG_7783
パックロッドで9ft以上の長さとライトショアジギングもできそうな強度。そんなロッドを探していました。その中でお手頃価格だったのがこのクロステージでした。(メジャークラフトってDAIKOのフィッシング部門の人達で作ったブランドだと最近知った浦島太郎。)1万3000円くらいでお買得。ちなみに同等のパックロッドをシマノやダイワで探すと上級モデルしか存在しないので倍くらいの値段になってしまいます。
IMG_E7766
CRX-964はMLとMとライトショアジギング用のLSJの三種があります。
MLとMが在庫のあるお店を探して実際にさわって比較しましたが、MLとMの比較はいい意味で思ったより差がありませんでした。Mは硬いかなと思ったけど、結構硬さもありつつもほどよく柔軟で軽めのルアーも投げられそう。これが決め手でMを選択。
IMG_7767
サーフからのフラットフィッシュも狙えるらしい、9.6ft。ルアーは15-42g。重いジグが遠投できる竿ですが、実際に試すと15gのローリングベイトでもしっかり50mくらい飛ばせました。今後使うのが楽しみなロッドです。
肝心な仕舞寸法は77cm。もう少し小さくなるといいけど、5ピースでは品質維持ができなかったのかもしれないですね。
IMG_7777
急に風が強くなってきたので軽くやってテスト終了です。
これからの季節、サーフも興味深いところです。


いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村








玉網(たまあみ)つかってます。

タモタモってみんな言ってるので「玉網」って書いて「タモ」って読むのかと大人なのに勘違いしましたが、実際は玉網とは別に「網」(たもあみ)っていう名前があったらしくそこからタモが来ているとか。(辞書で調べた)

堤防でサビキなど小物釣りが多かった僕と息子はこれまであまり玉網の必要性を感じていなかったのですが、ぶっ込みでそれなりのサイズの魚が掛かったとき、周りの人に助けて貰ったりしていて、いつか買わなくちゃと思ってました。釣り具がそろっていても周辺の道具って後回しになりがち。しかも意外と高価。

玉網いろいろを調べると・・

・行きつけの場所に合わせたシャフト長さに。堤防でやるならシャフトが5mくらいあるとどんなところで使える。(長い場合は収納の問題が発生)
・網枠は水滴型のほうが丸形よりもコンパクトなのに取り込みやすい。(幅が狭いけど縦長)
・網とシャフトを繋ぐところが折れ曲がるジョイントがあるとコンパクト収納できる。(ただし2000〜3000円と結構高価)
・網はできれば大きめで深いのがいい。(けど大きいとかさばる問題も)
・かさばるので動くときはホルダーやショルダーベルトで身につけるといい。(パーツがいろいろお金掛かる)

・・などなど、いろいろ複雑で深い。調べるほどに細かいアイテムが必要そうで高価になっていく。


堤防で落ち着いて釣りをするなら柄の長いタイプの網が安くていいです。


でも、柄が長いのでかさばる。あちこち動いて釣りをする人にはシャフト収納時にコンパクトなものがいいです。
その後いろいろ考えて選んだのがこれ。
メジャークラフト ファーストキャスト500   シャフト長5m 網サイズ 55x47cm
IMG_6166
お買得でした。5mのシャフトで大きめの網が一緒になって、実売6500円くらい。上州屋とかアマゾンなどで調べて一応一番コスパがよいアイテムでした。コスパで選びましたがかなりしっかりしてます。
IMG_6162
折りたたみ用にジョイントも購入。
IMG_6164
使った後にクルマに仕舞うときのために100円均一でちょうどいい収納袋も購入。
IMG_6168
なお、ホルダーとかショルダーベルトは付属してません。
そのあたりのパーツはそのうち買えばいいやと、ホルダー無しで釣り場に持っていったら、釣り場で置いてちょっと目を離したスキに無くなってしまいました。(´・_・`) 縁が無かったんだな。

価格的には細かいアイテムを揃えても1万円くらいというのは大きなメリットでした。大きなシーバスや外海で青物などを狙う人はこのサイズが必要だと思います。

現在は2代目の別のタモを使用中。







で、今使っている2代目。
TAKAMIYA ランガンシャフト シャフト長3.9m  網サイズ 40x35cm

前のは(リーズナブルとは言え)いろいろ付けると1万円くらいしたので、もう無くなってもいいくらい安いのにしようと決めた。ということで、現在はタカミヤのシャフト長さ3.9mのタイプを使っています。普段僕が行っている釣り場ではこの長さで十分。一番のメリットは価格が4000円前後とリーズナブル。この値段で4m近いシャフトのタモセットは調べたらここだけでした。さすが釣り初心者の味方TAKAMIYA。ちなみにたまに品薄で購入できないときがあります。(僕は買うときに少し待ちました)
fullsizeoutput_37fb
シャフトが仕舞寸法で43センチと短いので、タモジョイントを付けて折りたたんだら本当にコンパクト。ショルダーベルトも元から付属。タモジョイントだけを追加で購入したらすぐに釣り場でコンパクトに使えます。

小さいのでいつも背中に下げて歩いても邪魔じゃないのがとてもいいんです。今のところ55㎝のシーバスも40㎝越えのイナダも無事取り込むことができたので、僕としては十分かと思ってます。今後もし80㎝のシーバスが掛かって取り込めなかったら泣きながら網だけ大きいのに交換するかもしれません。笑
fullsizeoutput_37f7fullsizeoutput_37fa
追加購入した青いジョイントがぴったりでした。暫く使って居ますが、かなり気に入ってます。
ちなみに釣り具のPOINTはTAKAMIYAがやっている小売事業なんですね。知らなかった。







買う際の競合はこちらでした。網は大きいけど、シャフトが結局3mなのでもう少し余裕が欲しくてタカミヤのにしました。





いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村

以前に僕のアウトドアブログでアップしたポストですが、折角の釣りブログなので再掲載。
サビキ仕掛けの集魚板を自作したお話です。


検見川突堤でおじさん達がサビキでコンスタントに釣りまくっている。 
コマセカゴは無し。
よく見ると集魚板を何枚か使っている。


釣り具店で2枚400円くらいで売っているけれど、小さめのメタルプレートでできていて、すぐに洗っても錆びやすい。





ということで、お手軽に自作してみました。


お得意の100円均一から、パーティーグッズのそばに売っていた「うちわ用デコレーションシート」。
IMG_5219
このシートの裏に小さめのカタクチイワシをイメージした魚の形を描く。
IMG_5220
カットしてペットボトルに貼り付け。
IMG_5222
さらにこの形でカット。
IMG_5223
ちなみに横に見えているダイソーで買ったジグの針を外してサビキ用のオモリにしています。

折角なのでたくさん作っちゃう。
IMG_5221
何故ペットボトルに貼り付けるのか。
平らなプレートではなく、ペットボトルの曲面をカットすることで、竿を動かしたときに、キラキラが「針に掛かった魚に近いウニウニした動き」になるという想定。

サルカンをつけてできあがり。
IMG_5224
作りたい放題なので、友人にあげたりして喜んで貰ってます。


効果は。。
イワシが集まってくるときは集魚板があってもなくても結構釣れちゃうので、なんとなく効果がある?ような気がするくらいかな。。(どちらかというと針のサイズの方が釣果に影響している気も。。)


ということで、自作集魚板はプラシーボ効果も大いにあるとは思います。
でも、実際コマセは最近ほぼ使っていないのにそれなりに釣れているのも事実です。






いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村



 サビキで絶対なにか釣りたかったら豆アジ用の小針のタイプがちょっと高いけどお薦めです。
針掛かりがちがいます。



 


昨日は稲毛界隈で釣りをするも、北風で青潮。反応なしでした。
一度遠くにナブラが見えるもどうすることもできず。
IMG_6899
潮には勝てない。。




ということで、新しいリールを見て来ました。

有り難いことにみなさんのご意見を参考にさせていただいた上で実物を見にいきました。だいたい絞ってまして、同価格帯であるDAIWAレブロスとSHIMANOサハラを比較。
サハラの見た目のクオリティの低さに驚きました。造形の表面にヒケ(造形や塗装に起きる収縮による凹み)が見えていて、ものすごく質が低く見える。塗装の質感、カラーの選択もセンスが無い。シマノ派だったけどシマノさんごめんなさい。

ということでダイワに決定。
REVROS 3012H。
正直ゴールドのギラギラはちょっとやり過ぎ感はあるのですが、同価格帯のリールの質感としては非常に所有欲を満たしてくれるものです。リールとしての機能、なめらかさなどはサハラも十分同等なのだと思いますが、最終的にみなさんにお勧め頂いたレブロス3012Hに決定。
IMG_6909
DAIWAは佐藤可士和さんによるブランドイメージ改変から、ダサかったデザイン周辺を一気に変えようという流れを作ってから結構経ちます。最初は新ロゴも読みにくかったりで「やり過ぎじゃないの?」みたいな空気もありましたが、それを続けてきたからこそ、プロダクトデザインも変わってきたんでしょう。アウディも同じような変革を経て今の地位を築いています。

低価格リールの実物をみただけで大げさかもしれませんがSHIMANOには頑張って欲しいと思いました。
シマノは自転車業界ではパーツブランドなので今のイメージは裏方的で良いのですが(ブランドイメージは自転車ブランドが構築すればよい)、釣り具はシマノ自体がプロダクトブランドなので、もっと質を高く、欲しいと思わせるイメージ向上が必要でしょうね。
低価格帯のリールだからこそ、入門者の入口として重要なプロダクトだと思いますので。
fullsizeoutput_388a
20年前のシマノの3000番台と比較。シマノでいう4000番台と同等のパワーでこのコンパクトさ。重量も350gから295gに軽量化。スプール径もあきらかに大きく飛距離に貢献しそう。
IMG_6905
ギラギラ感が凄い。イエローゴールドがちゃらいです。もっと抑えめなら品がいいのに。笑
IMG_6906
シーバスロッドが今年買ったものにもかかわらずコルクハンドルでクラシックなデザインのお手頃価格5ピース。(海外に行ったりもするので、パックロッドが欲しかった)
fullsizeoutput_3865
最新のギラギラリールと組み合わせるとかなり違和感。このデザインはイマドキのスポーティーな黒いロッドに合うんでしょうねぇ。
IMG_6908
うちのLEGO部隊にも最終点検と調整をしていただいてます。
IMG_6911
ラインはPEの0.8号を使用。どれだけ飛ばせるのか楽しみです。
糸巻き量の計算については、こちらのサイトを参考にさせていただきました。ただ、きっちり計算した数値で巻いたら、いっぱいいっぱいになってしまいました。糸同士の隙間があるので、すこし量を減らして計算と巻く必要があります。
IMG_6912
とりあえずニヤニヤ。満足。
あとは本来の目的である飛距離テストですね。
次の釣行でどれだけ飛ぶのか試してきます。

ご意見を下さった方々、ありがとうございました。結局まんまお薦め頂いた物にしました。笑





その後の追記です。
IMG_6924
新しいリールに換えてのテスト遠投。
驚くことに、かるーいキャスティングで70〜80mは飛ばせました。
ラインは0.8号のPEラインという影響も大きいと思います。

キャスティングは力を入れすぎても飛距離は変わらない感じです。
あとは重すぎるルアーだとかえって飛距離が出ない感じですから、何事もバランスなんでしょうね。
それにしても新しいリール、凄い威力です。
エントリーモデルを購入しましたが、僕にとっては本当に十分です。
リールは新しい方がいい。買って良かった。

(相変わらずゴールドの部分は派手すぎる。笑)




いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村








↑このページのトップヘ