TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

カテゴリ: kayak

久しぶりに湾奥でカヤック。

湾奥の青物フィーバー、凄いですね。

今回はショアから届かないナブラを目指してカヤックです。サワラ釣りたい。

しかし、この日は風が強く、小潮で一時的に風が収まる日中だけしかできないという環境。
11時くらいから15時くらいまでの短時間釣行。
xpgAx7PnTCCbop4mmhXlbg
サワラ狙いなのでリーダーは30lb.にしました。これでも足りないかどうか。。 
 fullsizeoutput_4946
つい先日までは湾奥でナブラが起きたり、イナダ、サワラが釣れたという。
しかし、この日はどうやら朝から全然だめという情報ばかり。

実際魚探を見てもベイトの数は少なく、すこし大きめの魚の反応が一瞬でるという感じ。
ベイトを探してうろうろしているのだろうか。


すこし大きめの反応が出るとメタルジグを投げてみますが反応なし。
諦めて40gのスピンテールに変更。キャスティングで反応ないので、真下にスピンテールを落としてみると、それが功を奏し、ヒット。最初だけ強い引きでしたが、すぐにぐいぐい上がってくる。。
サワラです。目測だけど65センチ程度かな。
fullsizeoutput_4944
サワラってあんまりひかないですよね。歯が進化したから引きのパワーは進化しなかったのか。
網で良く写ってないですが、尾びれの手前にある水平尾翼みたいな出っ張りがカッコいいです。
BYH3z7JORwGg%3HC1H80gg
リーダーは予想通りギザギザに。でも十分30lb.で耐えてくれてました。

その後は底の反応は良いですが、ブルピンカラーのメタルジグを落として巻き上げると、30センチ程度のセイゴ・フッコサイズのシーバスが無限に釣れる。エラ洗いを堪能して友人の塩焼きサイズだけキープ。
hisexR+yQAiFWZSyYX7gBg
最後に縦の釣りでは小物ばかりだったので、VJでキャスティング。横の釣りをしてみると、友人のロッドに60センチくらいのシーバスがヒット。
Mjklh0KvSzCozeIROfh6Zg
最後にいい感じのサイズがあがったところで強風になってきました。
予報よりすこし早いか。急いで着岸。

ということで、目指していたサワラが釣れてハッピーな一日でした。
しかしナブラは一切起きなかったな。
fullsizeoutput_4943
そうそう、ジグパラのライブベイトカラー、凄いですね。
ついついリアクションバイトしてしまいました。
fullsizeoutput_4945

回遊している湾奥青物、まだまだいけますかね?
(ライブベイト使いたい)


 

 





風の予報が見る度に変化。
元々南房まで行く予定でしたが、急な風予報の変化で、安全な場所に下方修正。
海水浴客の邪魔にならない場所からの出艇でちと不便でしたが仕方なし。 

青物期待。シーバス期待。あとはフラット。
WCB9woIvTEqtAyDtyEyCqQ
ですが、、、今日は結果から言うとバラシ多数でボウズでした。
この夏の時期でこれは厳しいー。

文字ばかりのレポートスタート。


下げ止まり直前からのスタートですが、魚探の反応はベイト少ない。たまに追いかける反応がすこしあるが、全体的に魚が少ない感じ。少ない確率を物にできるかどうか。
最初に友人がメタルジグでヒットするもバラシ。

食いの下手なシーバスと予測。巻き速度を変えたり止めたり、ルアーチェンジなどいろいろトライしたけどヒットに持ち込めず。

潮が下げ止まりなので別の場所に移動。ベイトのたまりやすい過去に釣果のあった場所。

ここで小さなナブラがあちこちで見えたので探って見るも軽く触る感じのみ。
暫く翻弄されてやっと友人にスレで掛かったのが25センチくらいのコノシロ。
どうやらコノシロの大群だったようで、水面でちょいちょいパチャンとベイト捕食のようになっていたのは大群過ぎで跳ねただけだったのか。こういうこともあるんですねぇ。


その後すこし違った魚探反応あり。
浅い水深だけどTGベイトの落とし込み。
狙い通りでフォールでヒット。巻き上げたら食い上げてきた魚が水面で跳ねて外れてしまう。
あの魚影はなんとタチウオでした。
水深6mそこそこでしたし、10時くらいでしたけど。。まさかのタチウオ。居るんですね。。
しかしTGベイトは何でも食わせますね。
XHglDaZPSH2o1DZcU0FSQw
ということで、今回は終了。

ショアからフラット狙いのアングラーによると朝イチでマゴチが2匹釣れたとか。
色々期待しすぎた結果、このポイントでの大事なフラットフィッシュを早朝に攻め忘れてましたかね。。。勉強になります。



そうそう、カヤック専用として2010年に発売された廃盤ルアー「ランダムトゥイッチャー」を手に入れました。良い評判通りに上手く使えるかどうか。シャローで使うのが楽しみです。
fullsizeoutput_4901
fullsizeoutput_4904
fullsizeoutput_4900

 

夏期休暇最終日。
暑さでしんどいのは確実、とわかっていつつも釣りに行ってしまう。


まだ海水浴シーズンなので、出艇のしやすいポイントは限られます。


当日の朝の海はうねりが大きく、一回出艇したのですが、うねりの大きな波が色々な方向から来るのでコントロールしていないと安定しない。釣りどころではないので、一旦戻って様子見しました。
j338QsHLTBCGLzTh9skwYg
そんな海が落ち着くのを待っている間、友人が堤防の先で陸っぱり釣り。何投かするとテトラ際でゴゴンとヒット。ワカシが掛かってきたようです。引っこ抜くと、手元で堤防の石の間に落ちてしまったそう。。ダメ元でやっていたので掛かると思わず、相当驚いたそうな。。

ということで少し経って落ち着いたので最出艇。



しかし今日は魚探にベイトの反応が一切でない一日でした。渋い。映っても一瞬のベイト。
そんな中、遠投したジグサビキのサビキ部分にワカシ。
HmomyWD1TPG09H85Qkon6A
群れがほとんど少ない状態で、偶然の様に釣れた感じでした。
その後もう一回偶然が起こらないかと色々やってみますが不調。

お気に入りの根があるポイントを目指してみましたが、鯛は居ませんでした。
とはいえ、25センチくらいのアカハタを友人がゲット。オレンジ掛かった赤の綺麗な魚です。
fullsizeoutput_48b0
諦めて上陸。ド干潮でした。
OQmYy9aEQDuu0ikSHF8eZQ
ときたま涼しい風も入ったり、日の出が5時台になって、なんとなく秋の気配を感じつつ、まだまだ日中は死ぬほど暑いですな。

夏らしいシイラとかサワラとか釣りたいです。。。期待してたのになぁ。。
fullsizeoutput_48b5

暑いですね。
釣りも日中はしんどいです。
お盆前に友人とのカヤック・・ですが、残念ながら台風の影響で南房には行けず。
s0Brbk%7SFKV4HL7MiGETw
湾内での釣りとなりました。
シーバス狙い。青物はすこしでも入って来ているのだろうか。。
f4bzWmfOSpinFTHGTYtbHw
富津以南の海の状況はうねりや風が凄い予報でしたが、東京湾はさすがに奥まっているので台風の影響が全然ないですね。
MkTR%jjfSQ6EuFxvMqajJA
ホントに凪です。熱中症注意。

魚探の反応は底でベイト反応や追いかけているような動きがあるのですが、何を投げても反応なし。
下げ潮から上げ潮に変わるまで我慢の釣り。
一度メタルジグで友人が子バスを掛けるも目の前でオートリリース。残念。

その後・・
上げ潮2分くらいの頃にスピンテールPB-13にトンっとアタリあり。
やっと魚の反応です。
8HJCzNqIQDqET2QAxipWHA
すこしスピードを変えたりしゃくってみたいすると、改めてアタリ。アタリの瞬間に一瞬竿を送ってからの大合わせ。乗りました。
あとで測ると65センチ。すこし茶色い夏のシーバスでした。
b%jQMPzIRK69r6kJl7PSig
なんとか一匹ゲットできてホッとしました。
しかし暑い。水分は取ってましたが日差しで頭がクラクラしてきたので、終了。

友人にシーバスを贈呈したので今回も調理編は無しです。




 

今回も前回と同じ場所での南房カヤックです。

海開きですが、海水浴ポイントを避けた端からなら出艇可能です。
その代わり、今回はうねりが高く、サーファーも沢山来ていました。
限られたスペースを邪魔にならないようにお互い使えるといいですねぇ。

サーファーが来るくらいなので、うねりが高く、出艇は気を使いました。
IMG_4515
まあまあ波が高い。
結局朝マズメ狙いで準備をしましたが、日の出から30分から1時間後くらいまで様子をみてから出艇しました。ほかのカヤッカーは諦めて移動された方も居たようです。

ということで、今回はマメに写真を撮って無くていきなりの釣果写真。
IMG_4516
夏らしくいよいよマルソウダカツオが到来。
館山の港湾でも釣れていたみたいですね。

他には鯛狙いでしたがカサゴが沢山。あとはホウボウと大きなエソ。

早朝はダツもしくはオキサヨリの跳ねるのが見えましたがちと怖いので狙わず。
ボイルはその後一切起こらず、今回は底での反応ばかりでした。
鳥たちも諦めて休憩しているので、青物狙いの僕らも残念。

鯛狙いの根で一度強い引きがあって、鯛かと思ったら白い魚影が見えてまさかのイナダ。
しかしその後フックオフ。縦の釣りで青物が掛かる気配が無かったので、ぐいぐい巻いてしまいました。
勿体なかったな。。

ということで、ひさしぶりのソウダガツオのビビビビビビというバイブレーションも楽しかったデス。

今回は友人に全てお魚を贈呈したので、調理編は無し。

そろそろシイラのフライも食べたいですなぁ。

 

↑このページのトップヘ