TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:コアマン

長期出張予定だったのですが、コロナウィルスのせいで出張先での業務がなくなりました。
渡航先はヨーロッパだったのですが、かなり世界的に影響が出ています。非常に残念です。

連休の前の金曜に平日釣行。釣り師匠の相棒と一緒。

南房総に行きたかったのですが、現地に行ってみると少し風がある。
予報もいくつか見て割れているので安全な内房に変更。移動しました。

内房はかなり穏やか。出航するもベイトの反応は薄い日。
IMG_6199
朝イチの感じでは底にフィッシュイーターサイズの反応があり。友人がナチュラルカラーのVJを底ゆっくり巻きでフッコを2本あげる。

僕もVJを使ってみるもチャートカラーしか持っていないので、全く反応しません。今回、このカラーで苦戦します。一度スピンテールでヒットするも、すぐにばらしてしまう。
朝イチのいい時間が終わってしまい、色々移動。

潮止まりの時間にかなり凪だったので変化を求めてすこし沖に出してみる。

潮の変化が生まれてすこし反応あり。
友人がカスザメを釣る。これもVJの底ゆっくり巻き。
エイ?かと思ってリリースしてしまいましたが、結構美味しいサメの一種らしいです。そういえば口が前にありますし。アンモニア臭が強いといわれるサメだけど、カスザメは大丈夫らしいです。冬の房総には結構居るそうな。
IMG_6203
その後、ミニ舌平目とか。
IMG_6209
最後に友人がクロダイとマゴチをつり上げたところで、悪い方の風予報が当たってしまい、安全重視ですぐに帰港。無事に戻って安心したところで本日の釣果写真。
IMG_6217
で、本日のこれだけの釣果、全部友人のVJ-16での釣果。

追伸:カラーはグレー系の「コボラサッパ」、薄いグリーンの「沖堤イワシ」でした。

ナチュラルカラーのVJを1つも持っていなかったのは僕の敗因でしょうか。
ミノーもジグも縦も横の釣りもしたけど、VJ底ゆっくり巻きだけが今日反応として出てました。

追伸:シーバスにバチを吐きだした個体も居たので、底でバチ抜け=底のゆっくり巻きが効果?だったのかもしれません。

一人だったらそれさえもわからなかったので仕方ありませんが、僕は今年まだお魚を釣ってない・・・。
IMG_6219
また次回頑張りたいと思います。。
報われる出来事がありますように。。

アクアリウムは順調にもさもさしてきてます。
bVKCTep8TP6KHK6iddkZEA
IMG_6225




バチ抜けパターンを考えて川の方にいってみました。



バチ抜けってコトバ使ってみましたが、去年から海釣りを本格的にはじめたのでシーバス釣りの「バチ抜け」というものがよくわかりません。

色々調べてみると・・

・釣り餌に使うイソメとかをバチという。
・通常砂にもぐっているのが産卵とかで砂から出てくる。これをバチ抜けという。
・シーバスがそれをめがけて産卵後に沖から戻ってくる。
・湾奥では1月後半くらいからバチがでてくる。(特に河川からはじまる)
・1月後半から3月、4月くらいまでこのパターンが続くことも
・大潮からその後の中潮くらいにかけて、日没後の満潮から2〜3時間くらいがバチがでてくるらしい。

※追記
日没後の30分から1時間後に満潮になる日がいいらしいです。
満潮から30分後くらいにバチが流されてきて、シーバスにスイッチが入るのだとか。
・シーズンはじめはバチが海面に出てこないで底だけに居るかも。(底ねらい)

(まちがってたらおしえてください)


ということで、1月最後の大潮で日没直前に満潮になるタイミング。
そして今日は満月だ。うっすら期待。
31

ちなみに、最近釣りに行っていないので座学ばかりしてます。

シーバスがバチを狙っている場合は上流に投げて流しながらがよいとか。
(流れてくるバチを待って上流をみてる)
シーバスが小魚を狙っている時は下流に投げて巻くのがよいとか。
(上流に逃げる小魚を演出)


あと、こちらの動画、河川での釣りの考え方に関して勉強になりました。
「村岡昌憲さんのトークショー」
https://www.youtube.com/watch?v=pH5MfLyoGMw

川の流れやストラクチャーによって、水面下の地形がどうなっているのか想像する。



表層から狙ってみますが、反応無く。ジグヘッドで底狙いに変更。
寒い時期の釣りは巻くスピードを止まるくらい遅くしないといけないかと思っていたのですが、反応ないので普通に巻いたスピードでヒットしました。
IMG_8151
45センチくらいのフッコがあがりました。そういえば今年最初の魚だ。嬉しいですね。
IMG_8148
嬉しくて2枚載せちゃう。


その後連投してみますが、動きのパターンがつかめないまま帰宅となりました。
トータルで2時間くらいやってみましたが、1本釣れたので満足です。
(今日はお持ち帰りなくリリースしました)


ちなみに、結局バチ抜けが始まっているのかどうかは一切わかりません。笑


今日のヒットルアーはコアマンのアルカリ。
fullsizeoutput_3b39

帰宅後、息子と月蝕を見てまた寒い思いをしました。
IMG_8155
IMG_8413





いつも皆様の釣果をみて参考にさせてもらってます。


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村 



 

湾奥カヤックフィッシング。
朝早めの時間だけの釣行。

既に連日寒くなってイナダの話を聞かなくなってしまったけれど、堤防よりちょっと沖ではどうでしょうか。あまり期待しないふりしつつ、本音は期待。
IMG_7522
カヤックの旗のポール(昔使ってたロッドの流用)を忘れてきてしまったので、近くの公園内で松の棒を見つけて代用。なかなか可愛らしくなった。
fullsizeoutput_3aa6
心地よい天気。
fullsizeoutput_3aa9
早朝は大きな潮目があって、鳥やボイルがほんの少しだけ発生。近づいて友人が一投目のバイブレーションでセイゴを上げる。
IMG_7529
僕もすぐに投げたところ少し大きいフッコサイズ。前半は活性高く表層近くが多かったです。でもサワラやイナダと比べると引きが全く違いますね。あの青物の引きはよかったと懐かしむ。
IMG_7530
ということで、今回はすべてシーバスでした。後半はフォール中のヒットが多かった。

友人はイワシカラーのバイブレーションとイワシピンクのメタルジグ。僕は先日仕入れたVJ-22ピンクでした。これ、いい動きの上にしっかりフッキングするのでバラシにくいです。
fullsizeoutput_3aa3

IMG_E7531

IMG_7533
二人でセイゴ、フッコクラス6尾をお持ち帰り。(ちいさいの1尾はリリース)
今回はわかりやすいナブラはなかったのですが、潮目までしっかり移動してあげるとちゃんと釣果がでることが解りました。

イナダは寒くなって三浦半島あたりに行ってしまいましたかね。




いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



 いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村






 

↑このページのトップヘ