TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:シーバス

平日夜に湾奥河川でシーバス狙いましたが、釣れませんでした。(´・_・`)
+QVefY3SS9agQlNA+Atgdg
そういえば、前記事で何人かの方にコメントいただきまして、励みになります。
で、先日のマダイ調理です。
fullsizeoutput_48a2
いつものようにお刺身。2日目。
fullsizeoutput_48a3
こちらはあら煮。骨に身を沢山残しておいてよかったぜ。汗
fullsizeoutput_48a4
ほんとに美味しいですな。
fullsizeoutput_48a5
こちらは3日目のお刺身。
fullsizeoutput_48a6
マダイ刺身は3日目が美味しいかも。
fullsizeoutput_48a7
fullsizeoutput_48a8


スズキは4日目。
マダイは3日目。
イナダは2日〜3日。
な我が家おすすめ寝かせ日程です。


ちなみに。。
友人が釣り上げたダツ改めオキザヨリ。ぶれぶれ写真ですが感想と共に送られてきました。

刺身を生姜醤油の漬け。
IMG_4479
唐揚げ。
IMG_4493
揚げてみたら鶏肉みたい。刺身は淡泊。

かなりさっぱりらしいです。
骨は噂通り青かったとか。。そうなんだ。
体脂肪ゼロなお魚だそうです。


 

週末が強風と雨続き。

久しぶりに週末仕事が無い日。土曜なら風裏ポイントで午前なら曇り予報なので大丈夫かな、と準備。
昔からの友人がカヤック釣りしたいと言っていたので思い出して声かけ。バイカーなのでアウトドア慣れしてるから多少の雨でも大丈夫な人。

しかし、友人を誘ってから曇り予報が雨予報にじょじょに変わっていく。。やばい。笑

この日は7時過ぎから下げ始める潮周りなので、早朝は諦めて7時くらいから出航。幸い小雨ですんでる。
ebFhGeXPTR2s1E7aV1iAxQ
友人はキャスティングの練習中。(昔管理釣り場でキャスティングしてたのを思い出し中)
すこし練習をやってから出航。


(今日は雨なので写真あまりなし。)



風は3km/hほどか。すこしだけうねりありだけど雨以外が全体的に穏やか。
大潮と風のせいでまあまあ流されるので、今日は岸からすこししか離れません。


表層はなにも反応なく、水面下もベイトは居ない。
下げ潮が効いてきた頃、ベイトの数は少ないけど一時的な捕食する動きの魚の反応はある。

小さなタングステンのメタルジグを遠投して中層、底と色々投げて居るとソゲをゲット。

その後、友人のちょい投げからただ巻きのジグパラスローにワカシがかかって落ち着いてネットイン。
これまで魚探の反応は薄かったけど、ここからワカシが飽きない程度に掛かってくれる。
誘った手前、友人に釣って欲しいと思ってるので、この釣果は嬉しい。



雨が強くなったので一旦岸際に引き返したあと、また天候が落ち着いたので、すこし出てみると、今度はワカシの反応は無くなり、海の状況が変化。

その後メタルジグで何回かトン、、とバイト。恐らく捕食の下手なシーバス。すこししてヒットしてもエラ洗いでバラしてしまう。ここでシンキングのミノー、サイレントアサシンに変更。これが正解で無事フッコを2本連続でゲット。キャスティングからの中層早巻きでした。

友人にはVJ−16に変えてあげたらシーバスも釣ってくれました。


最後は上陸時に波に押されて横を向いてしまい、初の沈でした。
下げ潮で水深が浅くてよかった。(そのせいもあってなのか?)上陸前に「しっかり漕がないと波に押される」という話を友人にしてたけど、想像以上に強く押されてしまいました。雨でびしょびしょだったついでなので、いい経験と思おう。

本日の釣果。
fullsizeoutput_487b
友人4匹、僕も4匹。釣果があって報われました。
5v6pjGdxSR+NxH0fkSyNmA
今日のルアーたち。
fullsizeoutput_487d







前回もそうでしたけど、今、ワカシが内房で増えてますね。
状況次第ですがショアでも遠投すれば狙えそうな距離でも入って来てます。
Ipr3cG94SjaMksSEyhWTyg
梅雨が明けたらソウダやシイラですかね。
 

湾奥は浦安のタコフィーバーで盛り上がっていましたが、すぐに青潮フィーバーでしたね。
雨で早期に収まりそうだけど、タコがどこまで持ち直してくれるでしょうか。
今年はタコフィーバー気になりますね。一回くらい行って見ようか。。

ということで、先日の釣果を調理。
7SEtC1p7TVGc4j1kPt6P0g
ワカシ、脂がのっていないので刺身はあまり美味しくないという話もありますが、息子が刺身で食べたいというのでやってみました。これが想像以上に美味でした。さっぱりしてますが脂とは違った甘さは十分にあるんですよね。これはアリです。
fullsizeoutput_4831
フッコはいつものように香草ムニエルに。
fullsizeoutput_4830
fullsizeoutput_482f
ワカシはアクアパッツァに。pazzaってイタリア語で「狂った」って意味なのですが、狂ったように美味しくなるかしら。
fullsizeoutput_4832
今回ミニヤリイカも買ってきて魚介の出汁が十分に出て美味しくできました。
fullsizeoutput_4833
fullsizeoutput_4834
fullsizeoutput_4835
今回も翌日に御飯を入れて魚介リゾットとして食べました。

そろそろ鯛のアクアパッツァにしたいところですな。
(この週末は荒れ模様なのでお仕事します) 

 

今回は息子とカヤックです。
もう高校1年生なのであんまり遊ぶ機会も減る頃ですが、一緒に遊んでくれるという。

これまで大物を釣った経験がなく、前回カヤックで試みるもバラシ多く。
釣らないと経験値が上がらないし、経験値が上がらないと釣れないという初心者ジレンマ。

この週末は風が厳しかったですが、北東の風の風裏ポイントでカヤック釣行。
1bPwzVfwR4+kiDOZRHnN0g
風は大人しいし波もそれほど高くないのですが、サーフにぶつかる波が強く、出艇で波を浴びてげんなり。。からのスタート。

しかしそこから5時間くらい色々試すのですが反応が良くない。(´・_・`)
縦の釣りも反応無し。ベイトが居るも追いかける大物居ない。
kbXqAXCmTGy6FnH3cpQvTg
潮止まりで静かな海に、眠くなってきた頃に突然息子のバイブレーションにヒット。寝ぼけて巻き巻きしていた息子。笑  ビックリして焦って巻くもシーバスのエラ洗いでばらし。

気分を変えて一旦陸に上がって休憩。
下げ潮が効いてきたので最出艇。ここでも更に強い波を浴びてげんなり。

ここで20gのメタルジグの早巻きに変えたところ、ヒットが連発することに。
ワカシの群れが回遊し始めたようで、25センチくらいのサイズが僕の竿に掛かります。ワカシの回遊が過ぎるとセイゴクラスのシーバスも。

急いで僕の竿を息子に渡して息子も巻き巻き。やっとこヒット。小さいけど青物。緊張しながらも無事にキャッチできました。その後3匹くらい釣って、掛かったあとの竿の扱いやドラグの感じなどやっと落ち着いて対応できるようになってきたみたい。

そんな感じで自信が急に付いてきた頃、今日一番の重い引き。
it8LvoE3TzqWneBj1EE9Ow
こっちも落ち着いてきたので写真撮ったりして。
かなりドラグが引っ張られる状態を楽しんで上がってきたのが55センチのフッコでした。
WcoSHH26SI+iNs56BpEChQ
これは相当嬉しかったみたいです。
i+%bXoUqR56Dxm18YRIEPQ
ということで、ワカシとセイゴ、最後にフッコ。
7SEtC1p7TVGc4j1kPt6P0g
最後はすこしでも魚探の反応が出たら「なげていい?」なんて言っちゃう息子。
ほんとに自信がついたみたい。
Iqt6CAK5TAqRjOvls6WstA
こんな接待釣りはうれしいですな。



今回はジグパラに助けられました。汗
fullsizeoutput_4836





先日の4種のお魚。カサゴは友人にあげました。

帰って早速初めてヒラメを捌く。初の5枚おろしに難航。
fullsizeoutput_45a3
ヒラメのエンガワってこんな感じなんですね。ひらひらさせるところの筋肉。
よく知られているけど、お寿司屋さんの一般的なエンガワはカラスガレイという大型のカレイ。
本物のヒラメのエンガワだとしたら、これがお寿司になるには相当大きなヒラメじゃないとだめなわけで、本物のエンガワが超高級なのは納得です。

ちなみに、5枚おろしの際に内側から外に向けて身を切っていくわけですが、最後まで気を抜かずに端まで包丁をしっかり入れていかないとエンガワのところが綺麗に剥がせないこともわかってきました。

イナダとヒラメはその日の晩に食べても十分美味でした。
友人家族が来たので出したら人気で、すぐに無くなってしまいほんと嬉しい。
(イナダは料理の時には「ハマチです」と言って出した方が寿司ネタっぽくて雰囲気でる関東圏)

写真はイナダ3日目。綺麗な色です。
fullsizeoutput_45ef
ちなみに最近100円ショップで簡単にツマを作れる道具を買って来ました。かなりざっくり幅広のツマができるけど、お皿が華々しくボリュームも出て十分見栄えしますな。

シーバスは香草ムニエルに。(料理の時には「スズキです」といって食べるほうが良ネタな気がして雰囲気でる)身がプリプリで最高です。シーバスは火を通す方が好きですね。
fullsizeoutput_45f2
そして最後はヒラメとイナダが余っているのでお寿司でもやってみようかと。
fullsizeoutput_45f6
見よう見まね。お酢とお砂糖を混ぜて酢飯をつくってみるも。。御飯がベトベト。水分が飛ばない。
それでも息子が握ってくれるという。
fullsizeoutput_45f7
Gjh1sfFzT1qRjsH6B%oaiQ
手がお米でべちょべちょになりながら、なんとか形にしてくれました。
これはこれで楽しいですな。
fullsizeoutput_45fa
PUzoSe6rT8mGHaCGxL%AwA

・・というか酢飯制作のポイント、調べると色々ある。

お米をとぐときに水からザルにとって水を吸わせる(水を吸わせすぎない)。
お水を普通の85%くらいの水分量で炊飯する。
木の桶の方が余分な水分を吸ってくれるよう。

・・など、炊飯準備の段階から色々なテクニックがあったのでした。

hF5SPu1OTI6kJPlEgbJL7A
それでも、味は美味しかった。ちゃんとお寿司屋さんの味。
ヒラメは酢飯が切れてしまいお刺身で頂きました。

次回は酢飯作りを上手くやってみたいところ。


釣って、料理して、食べる。
おさかな経験値、上がってきてます。青物、イカ、ヒラメはもう捌くの大丈夫。
アナゴもマゴチも過去にやったし、あと捌いてない変わり者はカワハギとかタコあたりかな。

↑このページのトップヘ