TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:スズキ

平日夜に湾奥河川でシーバス狙いましたが、釣れませんでした。(´・_・`)
+QVefY3SS9agQlNA+Atgdg
そういえば、前記事で何人かの方にコメントいただきまして、励みになります。
で、先日のマダイ調理です。
fullsizeoutput_48a2
いつものようにお刺身。2日目。
fullsizeoutput_48a3
こちらはあら煮。骨に身を沢山残しておいてよかったぜ。汗
fullsizeoutput_48a4
ほんとに美味しいですな。
fullsizeoutput_48a5
こちらは3日目のお刺身。
fullsizeoutput_48a6
マダイ刺身は3日目が美味しいかも。
fullsizeoutput_48a7
fullsizeoutput_48a8


スズキは4日目。
マダイは3日目。
イナダは2日〜3日。
な我が家おすすめ寝かせ日程です。


ちなみに。。
友人が釣り上げたダツ改めオキザヨリ。ぶれぶれ写真ですが感想と共に送られてきました。

刺身を生姜醤油の漬け。
IMG_4479
唐揚げ。
IMG_4493
揚げてみたら鶏肉みたい。刺身は淡泊。

かなりさっぱりらしいです。
骨は噂通り青かったとか。。そうなんだ。
体脂肪ゼロなお魚だそうです。


 

先日の4種のお魚。カサゴは友人にあげました。

帰って早速初めてヒラメを捌く。初の5枚おろしに難航。
fullsizeoutput_45a3
ヒラメのエンガワってこんな感じなんですね。ひらひらさせるところの筋肉。
よく知られているけど、お寿司屋さんの一般的なエンガワはカラスガレイという大型のカレイ。
本物のヒラメのエンガワだとしたら、これがお寿司になるには相当大きなヒラメじゃないとだめなわけで、本物のエンガワが超高級なのは納得です。

ちなみに、5枚おろしの際に内側から外に向けて身を切っていくわけですが、最後まで気を抜かずに端まで包丁をしっかり入れていかないとエンガワのところが綺麗に剥がせないこともわかってきました。

イナダとヒラメはその日の晩に食べても十分美味でした。
友人家族が来たので出したら人気で、すぐに無くなってしまいほんと嬉しい。
(イナダは料理の時には「ハマチです」と言って出した方が寿司ネタっぽくて雰囲気でる関東圏)

写真はイナダ3日目。綺麗な色です。
fullsizeoutput_45ef
ちなみに最近100円ショップで簡単にツマを作れる道具を買って来ました。かなりざっくり幅広のツマができるけど、お皿が華々しくボリュームも出て十分見栄えしますな。

シーバスは香草ムニエルに。(料理の時には「スズキです」といって食べるほうが良ネタな気がして雰囲気でる)身がプリプリで最高です。シーバスは火を通す方が好きですね。
fullsizeoutput_45f2
そして最後はヒラメとイナダが余っているのでお寿司でもやってみようかと。
fullsizeoutput_45f6
見よう見まね。お酢とお砂糖を混ぜて酢飯をつくってみるも。。御飯がベトベト。水分が飛ばない。
それでも息子が握ってくれるという。
fullsizeoutput_45f7
Gjh1sfFzT1qRjsH6B%oaiQ
手がお米でべちょべちょになりながら、なんとか形にしてくれました。
これはこれで楽しいですな。
fullsizeoutput_45fa
PUzoSe6rT8mGHaCGxL%AwA

・・というか酢飯制作のポイント、調べると色々ある。

お米をとぐときに水からザルにとって水を吸わせる(水を吸わせすぎない)。
お水を普通の85%くらいの水分量で炊飯する。
木の桶の方が余分な水分を吸ってくれるよう。

・・など、炊飯準備の段階から色々なテクニックがあったのでした。

hF5SPu1OTI6kJPlEgbJL7A
それでも、味は美味しかった。ちゃんとお寿司屋さんの味。
ヒラメは酢飯が切れてしまいお刺身で頂きました。

次回は酢飯作りを上手くやってみたいところ。


釣って、料理して、食べる。
おさかな経験値、上がってきてます。青物、イカ、ヒラメはもう捌くの大丈夫。
アナゴもマゴチも過去にやったし、あと捌いてない変わり者はカワハギとかタコあたりかな。

先日のフッコとマゴチ、ペーパーでくるんで真空パックで寝かせてました。
しっかり寝かせると本当に美味しくなりますよねー。
IMG_E3413
フッコはお刺身と漬け丼に。洗いがいいとも言うけれど、寝かせる方が断然旨味が出ます。
IMG_E3477
IMG_E3479
マゴチを捌くのは大変でした。
IMG_E3437
マゴチはカマにお肉が一杯あって勿体ないのでカマの塩焼きをしましたが、これが美味。(写真忘れました。。)

あとはお刺身とアクアパッツァで美味しく頂きました。マゴチのお刺身はフッコよりもさっぱりしてるけど、あとから旨味がじわっと来る。息子はマゴチのお刺身の方が好きだそう。
IMG_3482
アクアパッツァは翌朝に御飯を入れてリゾット風に変身。サフランを追加したのでパエリアっぽい感じになりました。
IMG_3489
 

いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村
  

先日の釣行で釣ったスズキ。(食べるときはシーバスと呼ぶよりおいしそう)

2/17 稲毛界隈。

今回はサイズが大きいのでアラをつかって出汁をしっかりとることにしました。
fullsizeoutput_3b4b
このサイズはさばきがいがあります。大きいときは屋外で捌きます。
fullsizeoutput_3b50
身がたっぷり付いているのはアラのためです。捌くのが下手なんじゃないです。汗
fullsizeoutput_3b52
アラの水分を出すために塩を振って数分放置。その後に臭み取りのために熱湯をかけてからお鍋に投入。
そこに料理酒を入れてアルコールを飛ばしてからお水を投入。今回は全く灰汁(あく)が出ませんでしたね。綺麗な琥珀色のスープができました。
fullsizeoutput_3b55
あまり味噌を入れすぎないでも十分なコクのある出汁でした。スズキのあら汁の完成!(意図したとおり身もたくさんあるぜ)
fullsizeoutput_3b68
あとはスズキのハーブ焼きもやりました。
これはさらに美味でした。スズキは洗いなど生食も釣り人の特権としてありですが、熱を通した料理のほうが美味しさアップしますねぇ。
JPG
冷凍してまた後日ムニエルなどしよう。

さて、春の海に変わってくるこの時期。シーバスをはじめ、他にも色々な魚種がこれから活発になっていくタイミングですが、暫く長期出張で釣りに行けません。(というか現在既にヨーロッパ。。。汗)
しばらくは皆様の釣果をみて楽しませて頂きますね。




にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村 

先日釣ったセイゴとフッコ達。
IMG_7533
一応居付きでは無いと思いますが、臭いが大丈夫か締める前にチェック。大丈夫ですね。
IMG_E7539
ということで、以前お薦めして頂いたしゃぶしゃぶなどしてみました。
ポン酢濃いめで頂くと美味ですね。あとはちょっと厚く切った方がいいのかもしれません。
IMG_E7542
あとは息子が皮付きでムニエルを焼いてくれました。
ちょっとフライパンにくっついてしまったけど、スズキはムニエルが一番美味しいなぁと思います。
IMG_E7544
今週末は忙しくて釣りに行けません。。残念。




いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ