TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:フッコ

父は小さい頃から渓流などでアユ掛けやニジマス釣りをしていた人。
以前から僕の話を聞いて釣りに行きたいと言っていたので、ルアーフィッシングは初めてだけど連れて行ってみた。息子も参加して親子三代で。

あまり釣果は期待せず、湾奥堤防で朝マズメからのショアフィッシング。
水は赤茶色。これはもしかして厳しいのか?と感じるが。。
Zi06DIvnTuOhErW0EbXVrg
岸に近い所にベイトが入ったのか、僕のVJ-16に60センチ弱のフッコがかかった。
湾奥は赤系ルアーが強いと言うけど、VJに関してはナチュラル系の「沖堤イワシ」が最近調子いいです。
TH_IMG_7468
少し経ってからもう1本。若干サイズダウンも嬉しい。
TH_IMG_7473
その後、父、綺麗なワカシを釣る。
fullsizeoutput_4ad2
メタルジグ「TGベイト」30gのイワシカラーでの釣果。
20センチちょっとのサイズ。この時期から湾奥にワカシ。これはこの夏と秋を期待しちゃいますね。以前は4年周期とか7年周期なんて言う人もいましたけど、青物フィーバーは今後毎年起きるのかもしれませんね。

コアジサシがビーチで繁殖しているのですが、ベイトが入ると少し遠くで鳥が海を刺しています。
・・するとまたワカシがあがる。
TH_IMG_7474
TH_IMG_7486
父の竿にだけ、飽きた頃に釣れる感じでワカシを4本釣っていました。

TH_IMG_7488
最後に父もシーバスを釣り上げる。
息子はだいぶキャスティングが上手くなったのだけど、今回は魚が掛からず。。
次回は釣れるのではないかな。

父親はフッコ1,ワカシ4。
結構な好釣果で初のルアーフィッシングを楽しんでくれたようです。

キャスティングは最後まで下手で、僕の飛距離の半分くらいなのだけど、「ルアーの動きをテストして、これ以上は動かしすぎだな、というのをチェックしてから投げていた」とのこと。

釣りが上手い人はどんな釣りをしても意識が違うし、そもそもずっと集中してやっていた。

見習いたいです。
lo+wdb4lQP+O3Ug3bwxbfQ
そういえば、ラテオモバイル90ML-4、感度が良くてめちゃめちゃ気持ち良く振り抜けるロッドでした!
モバイルとは思えない軽さなのもポイントです。
fullsizeoutput_4ac7





長期出張予定だったのですが、コロナウィルスのせいで出張先での業務がなくなりました。
渡航先はヨーロッパだったのですが、かなり世界的に影響が出ています。非常に残念です。

連休の前の金曜に平日釣行。釣り師匠の相棒と一緒。

南房総に行きたかったのですが、現地に行ってみると少し風がある。
予報もいくつか見て割れているので安全な内房に変更。移動しました。

内房はかなり穏やか。出航するもベイトの反応は薄い日。
IMG_6199
朝イチの感じでは底にフィッシュイーターサイズの反応があり。友人がナチュラルカラーのVJを底ゆっくり巻きでフッコを2本あげる。

僕もVJを使ってみるもチャートカラーしか持っていないので、全く反応しません。今回、このカラーで苦戦します。一度スピンテールでヒットするも、すぐにばらしてしまう。
朝イチのいい時間が終わってしまい、色々移動。

潮止まりの時間にかなり凪だったので変化を求めてすこし沖に出してみる。

潮の変化が生まれてすこし反応あり。
友人がカスザメを釣る。これもVJの底ゆっくり巻き。
エイ?かと思ってリリースしてしまいましたが、結構美味しいサメの一種らしいです。そういえば口が前にありますし。アンモニア臭が強いといわれるサメだけど、カスザメは大丈夫らしいです。冬の房総には結構居るそうな。
IMG_6203
その後、ミニ舌平目とか。
IMG_6209
最後に友人がクロダイとマゴチをつり上げたところで、悪い方の風予報が当たってしまい、安全重視ですぐに帰港。無事に戻って安心したところで本日の釣果写真。
IMG_6217
で、本日のこれだけの釣果、全部友人のVJ-16での釣果。

追伸:カラーはグレー系の「コボラサッパ」、薄いグリーンの「沖堤イワシ」でした。

ナチュラルカラーのVJを1つも持っていなかったのは僕の敗因でしょうか。
ミノーもジグも縦も横の釣りもしたけど、VJ底ゆっくり巻きだけが今日反応として出てました。

追伸:シーバスにバチを吐きだした個体も居たので、底でバチ抜け=底のゆっくり巻きが効果?だったのかもしれません。

一人だったらそれさえもわからなかったので仕方ありませんが、僕は今年まだお魚を釣ってない・・・。
IMG_6219
また次回頑張りたいと思います。。
報われる出来事がありますように。。

アクアリウムは順調にもさもさしてきてます。
bVKCTep8TP6KHK6iddkZEA
IMG_6225




先日のスズキ。

うちではスズキはわりと火を入れる調理が多いです。
お刺身の場合は5日以上寝かせてます。
IMG_5331
釣りの当日に友人が我が家に来たのでその場で捌いて調理。寝かせる時間がないので焼きの料理をします。
IMG_5335
スズキ香草焼きをやります。

・皮は切れ込みを入れておくと焼いたときに丸まりません。


・焼く前にすりおろしニンニク(チューブでも可)を身にすり込む。
・バジル
・オレガノ
・イタリアンパセリ
・タラゴン
・パプリカ
・カルダモン
を振りかけます。
(ローズマリーは香りが強いので今回は無し)
最近カレーに入れる隠し味で有名なカルダモン、うちはこれにはまってます。

・これで両面を焼きます。
IMG_5337
ということで、我が家のスズキの香草焼き。完成です。 

湾奥のスズキ、黒い居付きの魚はうちも食べませんが、銀色ヒレピンのスズキはよく食べてます。
大丈夫なんだけども、もし匂いが心配な人は香草焼きがお薦めです。
白身のふっくらな美味しさが楽しめます。
 

湾奥は浦安のタコフィーバーで盛り上がっていましたが、すぐに青潮フィーバーでしたね。
雨で早期に収まりそうだけど、タコがどこまで持ち直してくれるでしょうか。
今年はタコフィーバー気になりますね。一回くらい行って見ようか。。

ということで、先日の釣果を調理。
7SEtC1p7TVGc4j1kPt6P0g
ワカシ、脂がのっていないので刺身はあまり美味しくないという話もありますが、息子が刺身で食べたいというのでやってみました。これが想像以上に美味でした。さっぱりしてますが脂とは違った甘さは十分にあるんですよね。これはアリです。
fullsizeoutput_4831
フッコはいつものように香草ムニエルに。
fullsizeoutput_4830
fullsizeoutput_482f
ワカシはアクアパッツァに。pazzaってイタリア語で「狂った」って意味なのですが、狂ったように美味しくなるかしら。
fullsizeoutput_4832
今回ミニヤリイカも買ってきて魚介の出汁が十分に出て美味しくできました。
fullsizeoutput_4833
fullsizeoutput_4834
fullsizeoutput_4835
今回も翌日に御飯を入れて魚介リゾットとして食べました。

そろそろ鯛のアクアパッツァにしたいところですな。
(この週末は荒れ模様なのでお仕事します) 

 

今回は息子とカヤックです。
もう高校1年生なのであんまり遊ぶ機会も減る頃ですが、一緒に遊んでくれるという。

これまで大物を釣った経験がなく、前回カヤックで試みるもバラシ多く。
釣らないと経験値が上がらないし、経験値が上がらないと釣れないという初心者ジレンマ。

この週末は風が厳しかったですが、北東の風の風裏ポイントでカヤック釣行。
1bPwzVfwR4+kiDOZRHnN0g
風は大人しいし波もそれほど高くないのですが、サーフにぶつかる波が強く、出艇で波を浴びてげんなり。。からのスタート。

しかしそこから5時間くらい色々試すのですが反応が良くない。(´・_・`)
縦の釣りも反応無し。ベイトが居るも追いかける大物居ない。
kbXqAXCmTGy6FnH3cpQvTg
潮止まりで静かな海に、眠くなってきた頃に突然息子のバイブレーションにヒット。寝ぼけて巻き巻きしていた息子。笑  ビックリして焦って巻くもシーバスのエラ洗いでばらし。

気分を変えて一旦陸に上がって休憩。
下げ潮が効いてきたので最出艇。ここでも更に強い波を浴びてげんなり。

ここで20gのメタルジグの早巻きに変えたところ、ヒットが連発することに。
ワカシの群れが回遊し始めたようで、25センチくらいのサイズが僕の竿に掛かります。ワカシの回遊が過ぎるとセイゴクラスのシーバスも。

急いで僕の竿を息子に渡して息子も巻き巻き。やっとこヒット。小さいけど青物。緊張しながらも無事にキャッチできました。その後3匹くらい釣って、掛かったあとの竿の扱いやドラグの感じなどやっと落ち着いて対応できるようになってきたみたい。

そんな感じで自信が急に付いてきた頃、今日一番の重い引き。
it8LvoE3TzqWneBj1EE9Ow
こっちも落ち着いてきたので写真撮ったりして。
かなりドラグが引っ張られる状態を楽しんで上がってきたのが55センチのフッコでした。
WcoSHH26SI+iNs56BpEChQ
これは相当嬉しかったみたいです。
i+%bXoUqR56Dxm18YRIEPQ
ということで、ワカシとセイゴ、最後にフッコ。
7SEtC1p7TVGc4j1kPt6P0g
最後はすこしでも魚探の反応が出たら「なげていい?」なんて言っちゃう息子。
ほんとに自信がついたみたい。
Iqt6CAK5TAqRjOvls6WstA
こんな接待釣りはうれしいですな。



今回はジグパラに助けられました。汗
fullsizeoutput_4836





↑このページのトップヘ