TOKYO-BAY OFTEN.

主に東京湾の内房・湾奥のフィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:マダイ

先日釣ったマダイを二日間寝かせてました。

エラ、内蔵は釣り場で取って帰宅。その後水分を十分にとって、ドリップ防止で外とお腹にキッチンペーパーを十分に巻きます。大きなジップロックで余分な空気を抜いて冷蔵に。
fullsizeoutput_40a2
二日後に調理。
IMG_E0839
最近太い骨対策でこの万能ハサミを購入。SK11という化粧品のような名前の何でも切れちゃう強力ハサミです。太い骨やアラなど鍋用に小さくカットするとき、せっかく研いだ包丁が傷むので使い始めました。包丁振りかざして勢いで切るのがちょっと怖かったんですよね。余計な力を使わないでスマートにお魚がさばけてかなりのお気に入りです。
IMG_E0837
二日間寝かせた鯛。
京葉道路の上り幕張パーキングエリアで見つけた醤油でいただきます。
このPA、野田をはじめ醤油で有名な千葉県ということで、千葉各地の名産醤油を集めて売っています。なかなか売っていない工場直送の醤油が売っているというだけでめずらしいですが、沢山の種類を味見をして自分の好きな味を買う事ができるのが大きなポイント。丁度京葉道路の渋滞ポイントとしても有名なので、釣りの帰りに上り幕張PAに寄ってみては如何でしょうか。
IMG_0852
その中で見つけた刺身の為に買った君津の田中醤油「こいくち醤油」。
その後ネットで探してもみつからなかったので、やっぱりめずらしいのかな。また幕張に買いにいかなくては。魚を捌くことになってから道具や醤油などに拘るのは楽しいですね。鯛は当然ながら美味!今度はお寿司もやってみたいです。
IMG_0851
あとは我が家で大好きな鯛飯も。
IMG_E0842
IMG_E0848
アラで野菜たっぷりの味噌汁も作って魚生活充実でした。
IMG_0859

 



 

いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村
 

南房でのカヤック釣行にいってきました。

今回はカヤックフィッシングをいつも相模湾でしてるという友人と初めて一緒の釣行。

前に良い思いをした場所ですが「人を呼んだときに急に釣れないとかあるあるだよね」と行きがてら話してましたが、その想像を軽く超えて全くベイトが居ない厳しい釣りとなりました。笑
IMG_0805
当然表層青物なんていないわけで。
表層は諦めて魚探とにらめっこ。なにか反応があると底までジグを落とし巻き上げの繰り返し。それにしても魚探に反応が全く無い時間も多くポイントさえ見つけられません。

前の釣行でよさそうだとチェックしていたポイントが近くなったので行ってみる。

すると久しぶりの底の反応。ベイトもみえました。
早速落とす。巻き上げる。するとぐいーんと重たい反応。ゴンゴンゴンとあの引き。マダイです。
IMG_0809
ここまで厳しい空気があったけど、なんとかマダイを引き揚げられました。前回のサイズよりも大きくて食べ頃サイズの40㎝くらいでした。


しかし、その後は引き続き厳しく、友人二人がなんとかアカハタとカサゴをゲットしたころに雷が遠くでゴロゴロ。雨も降ってきたので早急に退散しました。
IMG_0815
遠くから来て貰った友人がボウズでなかったのがせめてもの救いですが、また次回リベンジの口実もできたので良しとしましょう。
fullsizeoutput_409c



ちなみに今回もTGベイトでした。人のお薦めは聞いてみるもんです。本当に強いジグ。


※日常的に在庫不足ですが毎日チェックしていると在庫がある日があります。



いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村

今回の釣行、初めて釣った魚ばかり。

釣行から帰ったこの日はマダイとソウダガツオ(マルソウダ)を調理。
捌く基本がわかっていればそれほど難しくないです。(上手か下手かは別として。汗)
IMG_E0313
綺麗なタイです。
IMG_0322
鯛飯にしました。丁度いいサイズ。
IMG_0318
いやー、鯛飯、最高ですね。
IMG_E0319
鯛のアラはせっかくなのでお鍋の出汁に。お肉もお魚も入ったちゃんこ鍋になりました。
IMG_0320
マルソウダは血合いがすごいですね。一応血抜きも温度も気をつけてました。
何が一番いいのかわからず、試しに鰹のたたきをやってみました。結果、脂分が少ないことから普通の鰹のたたきほどは美味しくなかったですね。今度は味付け濃いめの”づけ”とか竜田揚げをやってみると美味しいかも。
IMG_0321
ヤリイカはお刺身に。身の部分の切り方(タテ切りと横切り)で美味しさが違うと友人に聞いたんですが、盛りつけ中にどっちがどっちかわからなくなってしまった。。微妙に味が違う気もしますがプラセボ効果でしょうか。笑
IMG_E0316
後日シイラも料理。
IMG_E0308
冷蔵庫で寝かしていたのだけど、お刺身を食べるタイミングを逃してしまい、ちと心配なのでムニエルに。シイラ、海外では高級魚らしいですね。ムニエル、美味しかったです。
IMG_0379



いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村



結構前に手に入れていた前ポストのガーミン魚探。仕事が忙しくてずっと使う機会がありませんでした。行こうと思ったら台風だったりも。

ということで、やっとたどり着けました。南房再来。久しぶりに眠れない夜。(いつまでたっても釣り前日は眠れない。笑)3時半くらいからカヤック準備。

写真は出航直前。すこし日の出時間が遅くなってきましたね。
IMG_0307
魚探の取付もばっちり。
IMG_0305
ということで、釣行中の写真をすっかり忘れてしまいましたので文字情報のみで。。


日の出過ぎから出航。

前回のナブラがあった海とはちがって、表層は変化無し。

とはいえ、魚探には底にベイトが居る姿とかみえてそれだけでワクワクします。


魚探で水深30mから40mくらいのところで表層にベイトがみえてきたので、キャスティング。


暫くして友人が200円ジグでシイラをつり上げる。
僕も真似してミノーをキャスティング。初魚種のシイラを釣り上げました。最初銀色でみるみるうちにゴールドになっていく。ちょっと間近で見ると怖いです。シイラ。


この日は表層にベイトの反応があるとシイラ、という感じでした。
40㎝くらいのシイラが標準で、たまに60㎝以上のものも出ます。

あとは後半はソウダガツオも混じってきて、こちらも自分の初魚種。
ソウダガツオもシイラもどちらも食いが下手なのかフッキングが甘くてばらすケースが多く、追い合わせが大事だと気がつきました。

ついつい表層ゲームがたのしくてはまってしまいましたが、今日は魚探で探して赤い魚を釣りたいというのが目標でした。
底狙いのジギングもやってみます。


暫くして微妙に重くなる。20㎝くらいのヤリイカでした。ジグでイカもいけるんですね。。


その後、アカハタで目標の赤い魚をゲット。


最後に食べ頃サイズのマダイをゲット。


10時半くらいまでやって無事帰還。


ということでやっと写真を撮る余裕が出ました。友人との釣果です。

シイラ、最大60㎝くらい。
IMG_E0308
マダイ35㎝くらい、アカハタ25㎝くらい、ヤリイカ。ソウダガツオ(マルソウダ)数尾。
IMG_E0313
初魚探の感想ですが、一番よかったのはGPSによって自分がどのくらい流されているのか、という移動速度がわかったのは安全面で非常に役に立ちました。

本来の魚探としての機能ですが、海はほんとに目印が無いので、ベイトが居るか居ないかがわかるのは素晴らしいですね。「この場所でやっていい」という確信になること。逆に何も反応が無いときは「早く諦められる」というのは良い点です。
勿論、みえていても必ず釣れるわけではなく、みえてからの釣り人側の工夫も必要だったりして、釣り自体の面白さは十分あるように思いました。 


ということで本日のルアー。
fullsizeoutput_3de3
シイラはロックドリフトとロックウォーク、ジグパラ20gイワシカラーでも釣れました。

ソウダガツオはジグパラ20gイワシカラーのみ。サイズもカラーもマッチザベイトでした。ちなみにジグパラスローでは全く駄目でした。

ジギングでヤリイカ、マダイ、アカハタ。噂のTGベイト緑金60gを真似させて頂きました。




いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村







 

↑このページのトップヘ