TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:ルアー

やっと休める週末とおもいきや台風ですね。

仕方ないのでルアーのコーティングでもしております。

初めて購入したウレタンフィニッシャー。
IMG_0209
クリップにぶら下げてどぶ漬け。
20分くらいしたら二回目を漬ける。
IMG_0210
メタルジグ。
IMG_0208
ミノータイプもやってみてます。
IMG_0207

玄関がシンナーの匂いで大変なことになってます。
4時間後に回収して、針を戻す予定です。


と、夜には乾きました。
IMG_0212
綺麗にコーティングされているもがほとんどですが、アルミ箔が使われたルアーのいくつかにシワが生まれてしまいました。

下の写真、新品のロックポップは問題なし。過去に使ったことのあるロックウォークとロックドリフトがシワになってしまった。
IMG_0211
あとは使用感のあったジグパラスロー。
IMG_0213

IMG_0214
使ったことがある物でもシワの無いものも多かったので理由は定かではありませんが、傷があったところから入り込んだウレタンがなにかしら影響しているのかもしれません。

傷の広がり防止で使うケースが多いかとおもいますが、新品時にやってあげる方がいいかもしれませんねえ。




 

 

出張続きです。
今回はアメリカはテキサスに来てます。
IMG_8600
IMG_8616
IMG_8618
大型スーパーWalmartへ。超たのしいですね。
IMG_8631
テキサスなので淡水系の釣り具がメインですね。
IMG_8637
IMG_8638
IMG_8639
IMG_8640
IMG_8641
IMG_8642
IMG_8644
IMG_8636
仕事が終わったらテキサスから移動して西海岸へ行きます。












この旅、こっそりロッド持って来てるんですよね。。
(つづく)
 








遠くから皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村 
 

なんとか時間を作って、初めての東京湾でのカヤックフィッシングです。
元々湖や河川でカヤックを7年くらいしていて、今回海釣りに初めて使ってみました。

カヤックは風と波、潮の流れに弱いので当然ながら安全最優先。天候をしっかりチェック。当日は大潮で干潮から満潮までの時間(引き潮に遭わない時間帯)、午後からは風がやや強くなるという情報だったので遠くへ行かず、天候が危なくない時間帯で早めに戻るようにしました。携帯でもリアルタイムに毎時天候をチェック。

友人の釣り師匠と同行。
カヤックの目印の旗は古い釣り竿をポールにした自作です。
IMG_7175
すこし波があったので、朝マズメ時間を過ぎても様子見。段々と凪になり出航です。
最初なのであまり遠くに行くことなく堤防近くの場所で釣りをすることに。水深は12mくらい。潮で若干流されるのでアンカーを下ろして流されないようにします。

魚探は無いので、鳥の山やボイルを探しつつ色々な方向へキャストして探ってみます。カヤックでは本来短い竿が適していますが、機動力が無いのでキャスティングの飛距離は実際あったほうがいいかも。9フィートの竿で丁度良かった。

暫くは慣れていないので遠くのボイルやナブラを見てあそこまで行けたらなぁ、と眺めるのみ。カヤックで移動してもすぐに消えてしまうくらいの短時間のナブラだったり、大きなナブラはかなり沖だったりで結局もどかしい。鳥が近くに来ないかと祈ってるのは堤防と一緒。
IMG_7179
少ししてからたまたま近くにナブラが発生。急いで漕いで移動、するとさらに船のすぐ近くにナブラが到来。エンジンの船であればナブラは収まってしまったかもしれない。ここがカヤックのいいところか。
目の前のボイルにルアーを投げると重量のあるヒット。

もの凄い引きで竿がしなる。イナダを超えてワラササイズか。。

落ち着いて時間をかけて引き上げました。
IMG_7181
なんとサワラでした。歯が鋭くて驚き。これまで遠くでおきていたナブラの正体はイナダだけじゃなくてサワラでもあったんですね。ここまで大きいサイズは初めてだったのでドキドキでした。
IMG_7182
その後は鳥山もなくなり、水面は落ち着いていたのですが、一度ヒットするもばらし。
IMG_7186
さらにその後にイナダが釣れました。アンカーのロープに巻き付いてしまい取り込むのにかなり苦労しました。PEが切れなくてよかった。
IMG_7184
ということで、満潮前に戻ることに。湾の中に戻るのは流れがあって思ったよりも大変でした。慎重な段取りで早めに戻ってよかった。無事に帰着。
IMG_7188
IMG_7187
落ち着いてからサイズ計測。
IMG_7192
IMG_7195
82cmの魚はこれまでの自身最大サイズ。クーラーに入らない。はみ出たしっぽが作り物みたいです。
IMG_7190
SUPやウィンドサーフィンの方達にはカヤックが邪魔じゃないか心配でしたけど、挨拶すると「釣れた〜?」なんて声を掛けて下さってみなさんとても良い方々でした。

カヤックフィッシング、準備や片付けが大変ですけどいい経験になりました。



ヒットルアーはサワラもイナダもこちらでした。やっぱりピンクや赤系ですね。
fullsizeoutput_38df




 いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村







イナダ狙いです。もう一回狙いたい。

金曜は夕方から打ち合わせで移動だったので、その前にほんの少しだけ釣行。
1時間勝負です。平日昼間でもちょこちょこ人が居ます。すごいです。
IMG_7008
格安の10フィートロッドを勢いで買ってしまいまして、テストしたくなったのも理由です。ロッドのおはなしはまた改めて。
fullsizeoutput_38dc
午後2時からだったので、あまり期待をしていなかったのですが、暫くしてヒット。最初、反応の無かった表層のただ引きから、中層をジャークに切り替えてからのヒットでした。潮目の境目にキャストしたのも良かったんでしょうか。
明らかにイナダの引き。しかし、残念ながら目の前で魚影がキラリと見えてからのラインブレイク。どうもドラグを締めすぎていたみたいで初歩的なミスでした。。後悔しきり。

この日は時間切れですが、翌日用にルアーを調達。
上州屋さんにて同じ場所でイナダを釣られている店員の方にヒットジグを伺いました。やっぱり最近はピンク系がいいみたいですね。
fullsizeoutput_38df
fullsizeoutput_38e1

ということで、翌日土曜は友人と一緒に改めて同じ場所に。5時から開始。
すこししてから、ちょっとだけジグに違和感。あれ、なにか掛かってる。。ゴミだろうか。。。


ヒイカでした。驚き。もう居ますね。
IMG_7017
この日は青潮のようで、その後一切あたりがありませんでした。
IMG_7019
残念ですがこれ以上居ても変化のない感じで帰宅しました。
本命のヒイカが釣れて良かったです。(嘘
IMG_7021
ヒイカのお刺身。ごく少量。
でも、ヒイカって美味しいですね。これは今後狙いたいです。
fullsizeoutput_38e3
湾奥の潮はむつかしいです。



いつもこちらでみなさんのイナダ釣果を参考にさせて貰ってます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村
 
 

昨日は稲毛界隈で釣りをするも、北風で青潮。反応なしでした。
一度遠くにナブラが見えるもどうすることもできず。
IMG_6899
潮には勝てない。。




ということで、新しいリールを見て来ました。

有り難いことにみなさんのご意見を参考にさせていただいた上で実物を見にいきました。だいたい絞ってまして、同価格帯であるDAIWAレブロスとSHIMANOサハラを比較。
サハラの見た目のクオリティの低さに驚きました。造形の表面にヒケ(造形や塗装に起きる収縮による凹み)が見えていて、ものすごく質が低く見える。塗装の質感、カラーの選択もセンスが無い。シマノ派だったけどシマノさんごめんなさい。

ということでダイワに決定。
REVROS 3012H。
正直ゴールドのギラギラはちょっとやり過ぎ感はあるのですが、同価格帯のリールの質感としては非常に所有欲を満たしてくれるものです。リールとしての機能、なめらかさなどはサハラも十分同等なのだと思いますが、最終的にみなさんにお勧め頂いたレブロス3012Hに決定。
IMG_6909
DAIWAは佐藤可士和さんによるブランドイメージ改変から、ダサかったデザイン周辺を一気に変えようという流れを作ってから結構経ちます。最初は新ロゴも読みにくかったりで「やり過ぎじゃないの?」みたいな空気もありましたが、それを続けてきたからこそ、プロダクトデザインも変わってきたんでしょう。アウディも同じような変革を経て今の地位を築いています。

低価格リールの実物をみただけで大げさかもしれませんがSHIMANOには頑張って欲しいと思いました。
シマノは自転車業界ではパーツブランドなので今のイメージは裏方的で良いのですが(ブランドイメージは自転車ブランドが構築すればよい)、釣り具はシマノ自体がプロダクトブランドなので、もっと質を高く、欲しいと思わせるイメージ向上が必要でしょうね。
低価格帯のリールだからこそ、入門者の入口として重要なプロダクトだと思いますので。
fullsizeoutput_388a
20年前のシマノの3000番台と比較。シマノでいう4000番台と同等のパワーでこのコンパクトさ。重量も350gから295gに軽量化。スプール径もあきらかに大きく飛距離に貢献しそう。
IMG_6905
ギラギラ感が凄い。イエローゴールドがちゃらいです。もっと抑えめなら品がいいのに。笑
IMG_6906
シーバスロッドが今年買ったものにもかかわらずコルクハンドルでクラシックなデザインのお手頃価格5ピース。(海外に行ったりもするので、パックロッドが欲しかった)
fullsizeoutput_3865
最新のギラギラリールと組み合わせるとかなり違和感。このデザインはイマドキのスポーティーな黒いロッドに合うんでしょうねぇ。
IMG_6908
うちのLEGO部隊にも最終点検と調整をしていただいてます。
IMG_6911
ラインはPEの0.8号を使用。どれだけ飛ばせるのか楽しみです。
糸巻き量の計算については、こちらのサイトを参考にさせていただきました。ただ、きっちり計算した数値で巻いたら、いっぱいいっぱいになってしまいました。糸同士の隙間があるので、すこし量を減らして計算と巻く必要があります。
IMG_6912
とりあえずニヤニヤ。満足。
あとは本来の目的である飛距離テストですね。
次の釣行でどれだけ飛ぶのか試してきます。

ご意見を下さった方々、ありがとうございました。結局まんまお薦め頂いた物にしました。笑





その後の追記です。
IMG_6924
新しいリールに換えてのテスト遠投。
驚くことに、かるーいキャスティングで70〜80mは飛ばせました。
ラインは0.8号のPEラインという影響も大きいと思います。

キャスティングは力を入れすぎても飛距離は変わらない感じです。
あとは重すぎるルアーだとかえって飛距離が出ない感じですから、何事もバランスなんでしょうね。
それにしても新しいリール、凄い威力です。
エントリーモデルを購入しましたが、僕にとっては本当に十分です。
リールは新しい方がいい。買って良かった。

(相変わらずゴールドの部分は派手すぎる。笑)




いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村








↑このページのトップヘ