TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:内房

先日のカヤックフィッシングの時にGoproで動画撮影してみました。

ですが、カメラマウントの固定が上手くいかず、アングルがほぼ下向き気味。。酷いアングルです。 
本来はボツとするんでしょうけど、動画編集もやってみたかったので無理矢理作ってみました。

ドラグ音でアドレナリンのでる釣りバカのみ、顔をちょっと斜めにしてご覧下さい。

「TOKYO-BAY OFTEN movie」
https://youtu.be/ctHGNsHvSaU

スクリーンショット 2020-07-31 20.21.27

皆さんがやっているような感じの解説動画みたいのはできないですが、これから色々やってみようと思います。

 

湾奥が青潮気味ということで、平日休みで南下することにしました。
一部の海岸ではまだ駐車場がクローズの所もあります。

今回は初の場所でカヤック釣行です。
目当てはフラットフィッシュ。

最近ワームのダートとかシェイクの方法を練習してきたので、これまであまり狙って釣ってこなかったフラットフィッシュで発揮させたいと思います。
NEcKIRLdThagvDxFSDIt9Q
朝マズメからの出航。梅雨の合間の曇天で結構快適。

最初はすこしだけベイトが入って居たようで、岸近くでシーバスがヒット。
40センチ弱のシーバス。友人もヒット。VJとジグパラサーフの早巻きでした。
夏っぽい釣りになってきました。
青物はちょっとだけ期待するも居なかったようです。


その後一旦落ち着いたので、お目当てのフラットフィッシュに挑戦。ジョルティを初めて使ってみました。

ボトムに落としてからしゃくってラインのたるみを巻き取る。しゃくって巻きとる。
暫くすると2回くらいマゴチ?というコン、というアタリ。
魚を感じた直後にフッキングが弱いようで、ファイト途中で抜けてしまうこと2回。

3度目にしっかり追い合わせをして釣れました。
fullsizeoutput_4afb
当然だけど慣れたシーバスとはやっぱり違う感じで挑まないと駄目ですね。
dy8PFWiAQuyoa3j%MiUJIA
その後潮が止まる時間になったので、河口の流れのあるところに移動。
バコンと強いアタリ。
これは巨大マゴチか・・
と思ったらヌーンと出てきたのは大きなカスザメ。

口にフィッシュグリップが掛かりにくい上に、凄い勢いで噛みついてくる。フラット系の噛みつきは危険ですね。。歯も鋭いし。
8YSMU2E6Qxybin4URQS2xQ
47tqjfPgRA6Yp+FngcYDNw
なんとかフックを外して帰って頂く。
ちなみに聞いたところ鶏肉みたいで唐揚げがふわふわで美味しいとか。
ちょっと捌く勇気がないですけど、カスザメ一匹しか釣れない日だったら持って帰るかな。。
cxq5ZvZdRBmirIrIhzG6pQ
その後良さそうな活性を見つけるもフグの猛攻でした。ジョルティのワーム予備を持ってくるのを忘れた。フグの事をすっかり忘れていました。。

次はハウルに変更。。マゴチがヒットするも上げる直前にバラシ。。マゴチは若干ドラグきつめで鬼合わせをしないと駄目かもしれませんね。残念だけど良い練習になってます。
ハウルはその後フグにかじられ。


さらに根掛かりかと思うほど全く動かない魚にヒットしてしまい。数分引っぱり合いに。巨大なエイでしょうね。。ルアーがそのままさらわれてしまいました。ごめんなさい。

その後またフグ。けっこう大きい。
jnDJcL6%R9m010QoFsEM4w
フグゾーンから逃げたら今度はエソ。
1iIzPvrITDqrI8wtx%2QLQ
友人がその後30センチちょっとのヒラメをゲット。僕も小さめのマゴチを追加。
9HkuEd9SQGCq3qp0Nfw9Ew
あとは最後に潮がよくなって友人が岸直前でかなり大きいシーバスを2本ゲット。ジョルティでした。
ベイトが入るとシーバスの活性もあがりますが、当然フラットの活性もあがる。
底でしゃくっているとフラットが掛かる。
同じルアーをちょっとでも底から浮かせて巻いてしまうとシーバスが掛かる。
最後はこんな感じでした。

やっぱりベイトを追い詰めやすい浅瀬は大きな魚が掛かりやすいですね。
といういうことで、今日はかなりの大漁。
TH_IMG_7624
ちゃんと狙ってフラットフィッシュを釣れたのは嬉しいですね。
カスザメを始め、色んな魚に遭遇するのでルアーとワームのスペアは必須ですね。
お買得なジョルティ、シーバスもフラットにも使えるので気に入りました。



バチ抜け以降、ワーム系ばかり投げてます。。







久しぶりのカヤック釣行。

内房の定番場所にアクセスするも、波高とうねりが強く、サーフからのエントリーは厳しい。現地着から1時間くらいクルマで様子をみていましたが予報では出航できるまでにまだまだ時間が掛かりそう。 

ということで、こういう機会だからこそ近くの出航できそうなポイントを見つけにクルマで移動。

幾つかのポイントを様子見して、出航できそうなポイントを発見。ここはサーフからの出航が難しいときでも出航できそうなポイント。折角なので初めてだけどここから出航することに。
IMG_6596
基本は7mくらいの遠浅。一部磯場もあるところなので根魚なども狙えそうと期待。。。。
しかし、期待するもベイトなど魚影は少ない。朝イチのいい時間に出航できなかったのは仕方ないのですが、若干悔やまれる。

あまり魚影がないので、魚探に映りにくいフラットフィッシュを狙ってみるも、小さなアカエイが掛かった。棘のすぐそばにルアーが掛かっている。。丁寧にリリース。
IMG_6598
その後魚影が映っても明らかに少ない感じでしたが、友人のバイブレーションを気になって付いてきたようだけど、海面近くでプイと離れて行ってしまった。2回くらいこういう事があるが、なかなか食わせられない。


最後にナントカ水面近くでルアーのヨレに魚が食いついてくれた。
VJ-16のナチュラルカラー、沖堤イワシ。45センチ程度の若干細めのフッコでした。
IMG_6599
 ということで本日は1本のみ。
IMG_6600
磯の前ではエギなんかも投げてみたりして。色々投げたんですけどね。
IMG_6601

 新しい場所でも一応は釣果を出せたのでよしとしましょう。


長期出張予定だったのですが、コロナウィルスのせいで出張先での業務がなくなりました。
渡航先はヨーロッパだったのですが、かなり世界的に影響が出ています。非常に残念です。

連休の前の金曜に平日釣行。釣り師匠の相棒と一緒。

南房総に行きたかったのですが、現地に行ってみると少し風がある。
予報もいくつか見て割れているので安全な内房に変更。移動しました。

内房はかなり穏やか。出航するもベイトの反応は薄い日。
IMG_6199
朝イチの感じでは底にフィッシュイーターサイズの反応があり。友人がナチュラルカラーのVJを底ゆっくり巻きでフッコを2本あげる。

僕もVJを使ってみるもチャートカラーしか持っていないので、全く反応しません。今回、このカラーで苦戦します。一度スピンテールでヒットするも、すぐにばらしてしまう。
朝イチのいい時間が終わってしまい、色々移動。

潮止まりの時間にかなり凪だったので変化を求めてすこし沖に出してみる。

潮の変化が生まれてすこし反応あり。
友人がカスザメを釣る。これもVJの底ゆっくり巻き。
エイ?かと思ってリリースしてしまいましたが、結構美味しいサメの一種らしいです。そういえば口が前にありますし。アンモニア臭が強いといわれるサメだけど、カスザメは大丈夫らしいです。冬の房総には結構居るそうな。
IMG_6203
その後、ミニ舌平目とか。
IMG_6209
最後に友人がクロダイとマゴチをつり上げたところで、悪い方の風予報が当たってしまい、安全重視ですぐに帰港。無事に戻って安心したところで本日の釣果写真。
IMG_6217
で、本日のこれだけの釣果、全部友人のVJ-16での釣果。

追伸:カラーはグレー系の「コボラサッパ」、薄いグリーンの「沖堤イワシ」でした。

ナチュラルカラーのVJを1つも持っていなかったのは僕の敗因でしょうか。
ミノーもジグも縦も横の釣りもしたけど、VJ底ゆっくり巻きだけが今日反応として出てました。

追伸:シーバスにバチを吐きだした個体も居たので、底でバチ抜け=底のゆっくり巻きが効果?だったのかもしれません。

一人だったらそれさえもわからなかったので仕方ありませんが、僕は今年まだお魚を釣ってない・・・。
IMG_6219
また次回頑張りたいと思います。。
報われる出来事がありますように。。

アクアリウムは順調にもさもさしてきてます。
bVKCTep8TP6KHK6iddkZEA
IMG_6225




12月は長期の出張もあって、カヤック釣行は今回が最後かも?

風の予報では南房でも大丈夫そうなので友人に連絡。明日行くよと。
3時に起きてみると予報が変化。5m以下ではあるけどちょっとだけ強くなっている。
現場で状況確認だな。。

友人とは3時半集合の予定。
いつも「5分後に着く」とメッセージが来るのに今日は来ない。
釣りで寝坊なんてしたことのない友人がまさかの寝坊。今日は諦めかな。と思った4時半に電話あり。5時半に集合して出発。


現地着6時半すぎ。
ネットでよく見た緑のファルトカヤックを見つけ、ご挨拶。
ファルトボートで釣りをされるサイトで有名な"ぽからさん"でした。

天候は若干の風だけど穏やかな感じ。少し先で軽めの鳥山。
その後ぽからさんは先行されました。

準備していると少しだけ風が強まってくる。満潮もあって意外と波が荒く出航を見合わせ。
IMG_5417
するとぽからさんも帰ってきまして、一緒に風が落ち着くのを待ちました。
IMG_5418
出航しないまま2時間近く待ったでしょうか。

やっと風が落ち着いてきて出航。しかしちょっとうねりがあるのですぐ戻れる位置で釣り。

魚探の反応はちらほらありますが、ベイトは少ない模様。
色々ルアーを試すも反応の無い時間が数時間。
ぽからさんは途中で帰られました。またあいましょう。

風は段々落ち着いてきますがたまにすこし強い風が吹くことも。



今日は諦めようかと思った午後3時くらい。
居なくなっていた鳥山が遠くで復活。頑張って追いかけるとちょいちょいボイル。

やっとのことでバイトを得ます。上がってきたのはイナダ。40センチ前後。
IMG_5419
VJ-16での釣果。
その後すこしバイトが減ったのでスピンテールに変更すると一投で一匹かかることに。ここから連続ヒットでした。

友人もメタルバイブでイナダを1本。
その後彼もスピンテールに、しかしかからず、VJにするとヒット。上がったのはなんとタチウオ。
魚探が真っ赤になる瞬間があって、タチウオはすごい群れで一瞬で通り過ぎた模様。
僕も急いでワインドしようかとジグヘッドに換えたけど、タチウオは通り過ぎた後だったのかイナダを追加。
IMG_5422
ということで、朝マズメを逃した結果、風の影響もあり一日我慢の釣りでした。
釣れないと粘ってしまう釣り人の習性により、結局夕方まで。そのおかげで最後に報われました。
IMG_5424
IMG_5426
二人の釣果でタチウオ1,イナダ7。
湾奥に居たイナダが帰ってきたのか、それにしてはちと小さい40センチ前後のサイズでした。
IMG_5425
今日は雲がほとんどなく素晴らしい富士山と夕焼けでした。
IMG_5427
日が落ちてから一気に冷え込む。久しぶりにお湯を沸かしてカップラーメン。
その後真っ暗な中で片付けをしました。


今日は完全に時合いを待つ釣りでしたね。
一日長かったです。






今日のルアー。
IMG_5428
今回もコアマンに助けられる。
今日のボイルは他のルアーでもいけたかもしれませんが。


 

PB-30とリアルスピンは今年一番のヒットルアー。
今年はスピンテールでサワラもイナダもシーバスもカヤック釣りで釣果を上げてきました。
去年までスピンテールは全然使わないルアーだったのですが、見方が全く変わりました。






最近ミノーで魚を釣ってない。。秋も終わってしまいました。

↑このページのトップヘ