TOKYO-BAY OFTEN.

主に東京湾の内房・湾奥のフィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:内房

先日釣ったマダイを二日間寝かせてました。

エラ、内蔵は釣り場で取って帰宅。その後水分を十分にとって、ドリップ防止で外とお腹にキッチンペーパーを十分に巻きます。大きなジップロックで余分な空気を抜いて冷蔵に。
fullsizeoutput_40a2
二日後に調理。
IMG_E0839
最近太い骨対策でこの万能ハサミを購入。SK11という化粧品のような名前の何でも切れちゃう強力ハサミです。太い骨やアラなど鍋用に小さくカットするとき、せっかく研いだ包丁が傷むので使い始めました。包丁振りかざして勢いで切るのがちょっと怖かったんですよね。余計な力を使わないでスマートにお魚がさばけてかなりのお気に入りです。
IMG_E0837
二日間寝かせた鯛。
京葉道路の上り幕張パーキングエリアで見つけた醤油でいただきます。
このPA、野田をはじめ醤油で有名な千葉県ということで、千葉各地の名産醤油を集めて売っています。なかなか売っていない工場直送の醤油が売っているというだけでめずらしいですが、沢山の種類を味見をして自分の好きな味を買う事ができるのが大きなポイント。丁度京葉道路の渋滞ポイントとしても有名なので、釣りの帰りに上り幕張PAに寄ってみては如何でしょうか。
IMG_0852
その中で見つけた刺身の為に買った君津の田中醤油「こいくち醤油」。
その後ネットで探してもみつからなかったので、やっぱりめずらしいのかな。また幕張に買いにいかなくては。魚を捌くことになってから道具や醤油などに拘るのは楽しいですね。鯛は当然ながら美味!今度はお寿司もやってみたいです。
IMG_0851
あとは我が家で大好きな鯛飯も。
IMG_E0842
IMG_E0848
アラで野菜たっぷりの味噌汁も作って魚生活充実でした。
IMG_0859

 



 

いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村
 

カサゴ一匹だった先週の南房カヤックからのリベンジに行ってきました。

先週は水深が浅いところだったことと、朝ゆっくり目に行ったので、ほぼ釣果なしでした。
今回は早朝から朝マズメも狙えるように、となると、現地に行ってから準備もあるので、逆算すると家を2時過ぎに出るというスケジュールに。久しぶりに夜中から出かけました。

今回は水深20m以上あるところまで行ける場所に設定。
日の出時間から出航。
魚探がない僕達は事前にチェックしていた海図をたよりに深さのありそうな場所に向かい潮目をさがします。

遠くに鳥山がみえますが、まだ結構先なのでのんびり向かいます。
すると、突如船の周囲にイワシの大群が。こっちに向かってきていたようです。
同時にボイルが発生。


友人がメタルバイブを投げるとヒット。
僕も大型のミノーを投げるとダブルヒット。久しぶりの青物の引き。
最初の1本なのでゆっくり時間をかけて上げました。二人して50㎝前後のイナダ。

しかし、一本目をあげるまでの間、周囲でボイルがすごかったです。既に魚を掛けているのに追加で投げたくなるシチュエーション。笑


その後の海は落ち着いたりもしましたが、たまにイワシの大群が回遊してボイル。後半は使いたかったトップウォーターでもイナダを上げることができました。
ということで、最終的に4時間くらいうろうろして友人1、僕3の4本のイナダ(最大55センチ)という釣果でした。
IMG_E0060
IMG_0065
IMG_0063
IMG_0064
IMG_0061
久しぶりの青物の引き、十分楽しめました。
IMG_E0069
IMG_E0070
今回のルアーはコルトスナイパーのロックドリフトとロックウォーク。
背中の手書き風フォントが良い意味でシマノらしくなくて好きです。

魚探がないので結局はいつも通りのナブラ探しという原始的な釣りで終始。
ジグも何度か試したけどそこに魚が居るかどうかもわからずですぐ辞めちゃいました。

魚探欲しいです。。。


いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村







なかなか時間が取れず行けなかった南房でのカヤックに初めてトライしてきました。

良い場所とか一切わからず、色々な人の情報を見てこのあたりかな。。というところでやってみる。
IMG_0018
全体的には結構浅め。

もうすこし遠くに行ってみれば水深は深くなるようですが、魚探もないのでまずは近場で色々やってみました。


ジグとかキャスティングとか色々してみるも、なかなかあたり無く、同行した釣り初心者の友人にはせっかくなのでなにか釣って欲しいので、サビキをやってみて貰う。


すると「なにかかかってる!」と友人。
IMG_0020
可愛らしいカサゴでした。
IMG_0022
小さいサイズなのでお帰りになって頂く。

その後はぐれイワシがサビキに掛かるも続かず。
午後に予定があったので早めに帰宅となりました。


広い海で水深がわかりにくい事や、ベイトが居るか居ないかという情報が欲しいですねえ。
カヤックのみなさんが魚探を使っている理由がよくわかります。
現在魚探を検討中。はやくほしいな。


最近同行の友人が釣れて僕が釣れてない。。
南房カヤックはまた近々リベンジしたいですね。


いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村


 

今年最後の釣りです。
みなさまの釣果をみて、寒くても一回行って見ようかなぁと頑張ってみました。笑
もちろん上下できる限り防寒。

本当は当日友人と一緒に朝から行く予定だったのに仕事で行けず、夕方からとなりました。
この友人は朝から外房サーフで惨敗、漁港でフグ攻撃に遭い、納得行かないと夕方から出撃の僕と千葉港で落ち合うことに。(彼は結局この日20時間くらい釣りをすることに 笑)

ですが、千葉港は駐車場から大混雑。行ってみるとほぼ3mくらいの間隔で竿が並んでいました。竿先のケミホタルがイルミネーションのようです。。汗
IMG_7869


ということで鴨川から向かってきている友人に連絡して釣り場を長浦に変更です。
(千葉から長浦までの間で夜できるよい釣り場をご存じの方、おしえてください。養老川河口はちと浅すぎて。)

到着して作った仕掛けは、二人分でぶっこみとウキサビキとウキフカセとルアー。なにかかからないかなぁといろいろやってみました。
IMG_E7875
ぶっ込み仕掛けにちりりとたまに鈴が鳴りますが、乗らない。

しばらく動かない時間が続く。現地で沸かす暖かいコーヒーが最高です。
IMG_7876
その後、船の照明が当たる場所にルアーを投げると急に小さな当たりがすごい。
ルアーをどんどん小さくしていって、最後にはサビキをつかってみたら、小さいシーバスが釣れました。
IMG_E7879
15センチくらいなのでリリース。
IMG_E7880
12時近くなると段々と冷え込みますね。この日はまだ風が無いのでなんとか過ごせました。
クルマで待てばいいのに、簡易的なヒーターにあたったりしながら外で過ごしてます。
IMG_7877
その後は鍋焼きうどんを準備。めちゃめちゃ美味しい。
IMG_E7878
過酷な冬の釣りには欠かせませんね。食べたときの充実感は「もう帰ってもいいかな」と本来の目的を忘れます。笑
IMG_E7882
最後に巨大なハゼが釣れました。20センチ超えくらいでしょうか。鈴が鳴って乗らなかった魚はこれだったかもしれませんね。しかし船橋港でみるハゼに見慣れていると、これがまったくハゼに見えません。
IMG_E7883
その後友人もハゼを追加して、1時くらいで終了したのでした。ハゼは友人に提供。この大きさですから、三枚に下ろして天ぷらにするそうです。


当日は千葉港も不調だったみたいですね。
しかし冬の釣りは過酷ですなぁ。


いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村



バーナーはヒーターなど使うと輻射熱がボンベにあたって危険。なので分離式のバーナーがおすすめです。






なんとか時間を作って、初めての東京湾でのカヤックフィッシングです。
元々湖や河川でカヤックを7年くらいしていて、今回海釣りに初めて使ってみました。

カヤックは風と波、潮の流れに弱いので当然ながら安全最優先。天候をしっかりチェック。当日は大潮で干潮から満潮までの時間(引き潮に遭わない時間帯)、午後からは風がやや強くなるという情報だったので遠くへ行かず、天候が危なくない時間帯で早めに戻るようにしました。携帯でもリアルタイムに毎時天候をチェック。

友人の釣り師匠と同行。
カヤックの目印の旗は古い釣り竿をポールにした自作です。
IMG_7175
すこし波があったので、朝マズメ時間を過ぎても様子見。段々と凪になり出航です。
最初なのであまり遠くに行くことなく堤防近くの場所で釣りをすることに。水深は12mくらい。潮で若干流されるのでアンカーを下ろして流されないようにします。

魚探は無いので、鳥の山やボイルを探しつつ色々な方向へキャストして探ってみます。カヤックでは本来短い竿が適していますが、機動力が無いのでキャスティングの飛距離は実際あったほうがいいかも。9フィートの竿で丁度良かった。

暫くは慣れていないので遠くのボイルやナブラを見てあそこまで行けたらなぁ、と眺めるのみ。カヤックで移動してもすぐに消えてしまうくらいの短時間のナブラだったり、大きなナブラはかなり沖だったりで結局もどかしい。鳥が近くに来ないかと祈ってるのは堤防と一緒。
IMG_7179
少ししてからたまたま近くにナブラが発生。急いで漕いで移動、するとさらに船のすぐ近くにナブラが到来。エンジンの船であればナブラは収まってしまったかもしれない。ここがカヤックのいいところか。
目の前のボイルにルアーを投げると重量のあるヒット。

もの凄い引きで竿がしなる。イナダを超えてワラササイズか。。

落ち着いて時間をかけて引き上げました。
IMG_7181
なんとサワラでした。歯が鋭くて驚き。これまで遠くでおきていたナブラの正体はイナダだけじゃなくてサワラでもあったんですね。ここまで大きいサイズは初めてだったのでドキドキでした。
IMG_7182
その後は鳥山もなくなり、水面は落ち着いていたのですが、一度ヒットするもばらし。
IMG_7186
さらにその後にイナダが釣れました。アンカーのロープに巻き付いてしまい取り込むのにかなり苦労しました。PEが切れなくてよかった。
IMG_7184
ということで、満潮前に戻ることに。湾の中に戻るのは流れがあって思ったよりも大変でした。慎重な段取りで早めに戻ってよかった。無事に帰着。
IMG_7188
IMG_7187
落ち着いてからサイズ計測。
IMG_7192
IMG_7195
82cmの魚はこれまでの自身最大サイズ。クーラーに入らない。はみ出たしっぽが作り物みたいです。
IMG_7190
SUPやウィンドサーフィンの方達にはカヤックが邪魔じゃないか心配でしたけど、挨拶すると「釣れた〜?」なんて声を掛けて下さってみなさんとても良い方々でした。

カヤックフィッシング、準備や片付けが大変ですけどいい経験になりました。



ヒットルアーはサワラもイナダもこちらでした。やっぱりピンクや赤系ですね。
fullsizeoutput_38df




 いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村







↑このページのトップヘ