TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:南房

夏期休暇最終日。
暑さでしんどいのは確実、とわかっていつつも釣りに行ってしまう。


まだ海水浴シーズンなので、出艇のしやすいポイントは限られます。


当日の朝の海はうねりが大きく、一回出艇したのですが、うねりの大きな波が色々な方向から来るのでコントロールしていないと安定しない。釣りどころではないので、一旦戻って様子見しました。
j338QsHLTBCGLzTh9skwYg
そんな海が落ち着くのを待っている間、友人が堤防の先で陸っぱり釣り。何投かするとテトラ際でゴゴンとヒット。ワカシが掛かってきたようです。引っこ抜くと、手元で堤防の石の間に落ちてしまったそう。。ダメ元でやっていたので掛かると思わず、相当驚いたそうな。。

ということで少し経って落ち着いたので最出艇。



しかし今日は魚探にベイトの反応が一切でない一日でした。渋い。映っても一瞬のベイト。
そんな中、遠投したジグサビキのサビキ部分にワカシ。
HmomyWD1TPG09H85Qkon6A
群れがほとんど少ない状態で、偶然の様に釣れた感じでした。
その後もう一回偶然が起こらないかと色々やってみますが不調。

お気に入りの根があるポイントを目指してみましたが、鯛は居ませんでした。
とはいえ、25センチくらいのアカハタを友人がゲット。オレンジ掛かった赤の綺麗な魚です。
fullsizeoutput_48b0
諦めて上陸。ド干潮でした。
OQmYy9aEQDuu0ikSHF8eZQ
ときたま涼しい風も入ったり、日の出が5時台になって、なんとなく秋の気配を感じつつ、まだまだ日中は死ぬほど暑いですな。

夏らしいシイラとかサワラとか釣りたいです。。。期待してたのになぁ。。
fullsizeoutput_48b5

今回も前回と同じ場所での南房カヤックです。

海開きですが、海水浴ポイントを避けた端からなら出艇可能です。
その代わり、今回はうねりが高く、サーファーも沢山来ていました。
限られたスペースを邪魔にならないようにお互い使えるといいですねぇ。

サーファーが来るくらいなので、うねりが高く、出艇は気を使いました。
IMG_4515
まあまあ波が高い。
結局朝マズメ狙いで準備をしましたが、日の出から30分から1時間後くらいまで様子をみてから出艇しました。ほかのカヤッカーは諦めて移動された方も居たようです。

ということで、今回はマメに写真を撮って無くていきなりの釣果写真。
IMG_4516
夏らしくいよいよマルソウダカツオが到来。
館山の港湾でも釣れていたみたいですね。

他には鯛狙いでしたがカサゴが沢山。あとはホウボウと大きなエソ。

早朝はダツもしくはオキサヨリの跳ねるのが見えましたがちと怖いので狙わず。
ボイルはその後一切起こらず、今回は底での反応ばかりでした。
鳥たちも諦めて休憩しているので、青物狙いの僕らも残念。

鯛狙いの根で一度強い引きがあって、鯛かと思ったら白い魚影が見えてまさかのイナダ。
しかしその後フックオフ。縦の釣りで青物が掛かる気配が無かったので、ぐいぐい巻いてしまいました。
勿体なかったな。。

ということで、ひさしぶりのソウダガツオのビビビビビビというバイブレーションも楽しかったデス。

今回は友人に全てお魚を贈呈したので、調理編は無し。

そろそろシイラのフライも食べたいですなぁ。

 

長浦港の手前釣りポイントも最近封鎖になったとか。。
湾奥のおかっぱり釣り場が減って行きますね。車が寄せられるのでよかったのになぁ。

最近僕はもっぱらカヤックばかりですが、今使える釣り場は大事にしていきたいですね。


雨続きの三連休、初日は大丈夫そうなのでカヤック釣りに行ってきました。

薄曇り。波は穏やか。4時半に出艇。 
Kzh30lqTQ06egYlY75gfmQ
水深6mくらいの浅瀬で海面がわちゃわちゃしている。遠くにぴょんと跳んだ魚影が長くてぐにゃりとしている。なんだろう。
トンッと当たったと思ったらラインが切られていたのでサゴシかも。。と思っていましたが、

友人がジグサビキでジグにヒット。
驚きのダツ「オキザヨリ」でした。70センチ近くある。歯が鋭くてビックリ。

追記:
ダツではなくダツ科の「オキザヨリ」という魚だそうです。コメント頂きました。
ダツとの見分け方は目の後ろに縦のチークのような縦ラインが入っているのがオキザヨリだそうです。
勉強になりました。※間違いがあったときは是非気軽にコメントくださいませ。
IMG_4453 2
同じタイミングでワカシも2匹釣れました。

ちなみにダツのことを調べてみましたが、船とかで海面を見る為にライトを当てていると、光に反応して海面に飛び出したダツが人に刺さるとかいう事故があるらしいです。
海面にライトを照らすのって危険行為なんですね。。普段やらないけども気をつけよう。


その後ナブラも何カ所かで起きたのですが今日はルアーへの反応が全然無い。
こういうときは色々投げて見ますが、今回はずっと厳しかった。

唯一反応があったメタルジグへ1本イナダが掛かる。
ひさしぶりのイナダの強い引き。楽しめました。
fullsizeoutput_4895
ただしその後同じメタルジグでも反応ありませんでした。良いタイミングで釣れた一匹。

このイナダ、ストリンガーに付けてましたが、ストリンガーが塩水で劣化していたようで、このあとイナダが外れてどっかにいってしまいました。。イナダさんごめんなさい。


その後も海底では魚の動きがありますが、縦の釣りでは全然反応無し。
ベイトは映っているので友人がジグサビキで確認すると、15〜20センチくらいの鉛筆カマスが何匹も釣れました。10センチくらいの黒ムツの大群ベイトも居ました。


追いかけていた魚はイナダとかワカシだと思うのだけど、ほぼルアーに反応なかったので、今思えばイカという線もあったのかしら。。エギを投げても良かったのかなぁ。。




暫く苦戦してましたが、個人的に気に入っているポイントで縦の釣りをしてみると、久しぶりに反応。

叩く強い引き。鯛の反応です。
何度もドラグを出されましたが。。
fullsizeoutput_4896
50センチのマダイでした。
久しぶりのマダイだったのでこれは本当に嬉しい。
fullsizeoutput_4897
ということで、釣果はありつつも、
ストリンガーが外れてしまったイナダは残念だし、
魚の反応は沢山あるのにはまるルアーが見つけられなかったなど、
色々不完全燃焼ではあります。。
IMG_4452
IMG_4453
久しぶりの赤いお魚は嬉しいですけどね。


なお、帰ってから大急ぎでストリンガー購入。高価だけどシマノの物を買いました。塩水に浸かるものは安物はいかんですな。。





このところ仕事が落ち着いているので毎週のように行ってしまいます。。
釣りとは本当にギャンブル性、中毒性のあるものですねえ。。

IMG_3932
この週末は風が非常に良かったので、できるだけ外向きの海に。
とはいえ、本当は館山あたりでもよかったのですが、経験がないので結局いつも行っているところになりました。

明るくなったらすぐに出航。透明な海。
・・と同時に近くでわちゃわちゃとボイル。
fullsizeoutput_45b3
目の前でボイルがあるのですが、なかなか食わせられない。
ジグ、メタルバイブ、VJなど。レンジの変化、スピードの変化を与えてみましたが、なかなか難しい。
以前もこういう事がありましたが、短時間の間に色々考えて試すしか無い。
結局、掛けられたのがバイブレーションの超早巻き。(左端)
fullsizeoutput_45a1
上がってきたのは久しぶりの青物。イナダ。
久しぶりの強い引きを堪能。上がってきたのは45センチちょっとかな。引きの強さの割に小さめ。青物の引きを忘れてました。汗
IMG_3935
その後ボイルが落ち着いてしまうのですが、あちこちでベイトが回遊しているようで、鳥もあちこちでサーチしている。

その後もバイブレーションの早巻きしてみますが、何回かトンッとあたりがあるも乗らない。
青物じゃなさそう。スピードに変化を与えて次に上がってきたのは元気なシーバス。60センチくらいかな。やっぱりシーバスって青物よりも捕食が下手のようです。
LRGrO0BtTXWjAWrR3KUa0w
前々回、6回シーバスをばらしてますからね。やっと釣れて報われた感じです。
ヒレの感じから明らかに回遊のシーバスなのだけど、色が浅黒い。夏のシーバスってこんな感じなんだそうですね。

その後は潮止まり。
ボイルもなくなり、根魚狙いに変更。根を狙いに動きます。

いままでやってなかったの?と言われそうですが、魚探の話。
今回、周波数の違う反応(70MHzと200MHz)を並べてみて、200MHzに反応が出たときに真下の反応に落とすようにピンポイントでTGベイトを落としたところ、反応の効果てきめんでした。
70Mhzでは広範囲なサーチ。200MHzではピンポイントの真下の反応。
こりゃ重要ですな。。

上がったのは良型のカサゴ。25センチ〜30センチ弱でしょうか。
fullsizeoutput_459c
そしてその後。200MHzに良い反応。すると食ってきた。
タイかとおもったゴンゴンという引き具合で上がってきたのは綺麗なヒラメ。
40センチちょっとでしょうか。初めてこのサイズのヒラメを釣りました。(ソゲサイズはあり)
fullsizeoutput_459d
これはうれしい。
これまで魚探を使いつつも、ちゃんとお魚の目の前に落とせてなかったのね。今後に期待です。

ということで終了。
恒例カヤック乾燥中のカップ麺。
fullsizeoutput_45a2
今回は左端のバイブレーションが青物とシーバスにヒット。
TGベイトはフック設定を試行錯誤してきましたが、今回上ダブル、下シングルフックにしたのが良かったです。暫くこれでやってみます。
fullsizeoutput_45a1
ティップランのエギも初めて投げたけど重いエギは操作が難しい感じ。色々経験ですね。
IMG_3944

結局この日は4種の魚があがりました。(カサゴはクーラー入り済み)
いよいよ夏到来という感じの釣果。今後湾奥にも入ってくれるとうれしいですけどねえ。今年はどうなるかな。

ちなみにヒラメって、背中がちょっとざらざらしていて付いた砂が落ちにくいような表面になってるんですね。砂に隠れる為の進化の結果なんでしょうねぇ。








前回の6ヒット6バラシのモヤモヤ釣りから後日、湾奥シーバスにトライするもカニだけ。
別の日はエイ先生に引っかかり大変な事に。。
rTRpqU%hTTu3Pm7+OXlAiQ
モヤモヤ続きの中、気を取り直して南房カヤックです。
今回は新しい場所にトライ。風が幾つかの予報毎に割れていて、心配だったのですが、風裏になる場所でその場に応じてやってみることに。
5ddccnLfSR6U%uHb%1jK7g
(この写真はあがったあとのもの)

今回は外向きの南房なので赤いお魚や青物なども期待。
日の出時間から出航。魚探の反応は色々あるのですが、ジグに反応する感じではない。

ということで、今回初めて持って来たエギングをやってみることに。
しかし持っていたエギが3号の15gという軽い物で全然沈まない。

動かし方もよくわからないので見よう見まねですが、何度か投げ込むと根掛かり。。

・・と思いきや、重たいが巻ける。
引っ張る様子は無かったのでゴミでも釣れたかと思ったらなんと大きなアオリイカ!
MI4r9gVaTEK+KU5WakXmTw
真っ黒いのはやる気がある時らしいと聞いたことがある。
エギは深くまで沈められなかったので表層目でやる気があったのでしょう。
初のエギングで大きな春のアオリイカ。これは嬉しいです。

その後はカサゴを一つ追加。
TqaohviGQT+Mt0RLNmqWrg
友人が青物らしいヒットがあったのですが、ばらしてしまう。

その後鳥山ができていたので寄ってみると無数のキビナゴ。しかし青物はついていないので、ただ呆然とみているのみ。。

ということで、今回は初のエギングで1.2キロのアオリイカが釣れて嬉しい一日となりました。
fullsizeoutput_4590
胴の長さで30センチ弱。

今までエギングはなかなかやる気にならなかったのですが、ジグへの反応が無いときにイカかも?とやってみるとこういう釣果もあるんだなぁと新しい境地が開けました。
帰ってから30gのティップラン用のエギを早速購入。
fullsizeoutput_4593
今日の釣果は長浦港で拾ったエギでした。笑





↑このページのトップヘ