TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:釣り

釣りタイトルでごめんなさい。
皆さんに見て頂きたくて、敢えてちょっと驚くタイトルにしました。
でも、そんな事が本当に起きそうな懸念があります。


稲毛ヨットハーバー(検見川浜)から出航するフィッシングカヤック・SUPがコロナ禍以降急激に増えてきました。あまり場所に関してこれまでブログでは書いていなかったのですが、カヤックが増えたことによって、今後この場所からの出航禁止にされる可能性もあり、カヤックとSUPに関するマナーについて書き留めたいと思います。


稲毛ヨットハーバーは、 公益財団法人千葉市スポーツ協会が運営しており、幕張スタジアム側と、稲毛海浜公園も含めて、千葉市のシーサイド観光スポットとして現在も進行中で開発を進めてきているなかの一つのスポットです。ビーチにはわざわざオーストラリアから持って来た白砂を撒くなどして、お金を掛けて環境整備をしています。

TH_スクリーンショット 2021-04-17 11.12.46


ビーチは、ウィンドサーフィン、 SUP、カヤック、潮干狩りやピクニックなどが楽しめ、堤防は釣りが楽しめるポイントとして、現在の東京湾奥ではとても貴重な遊び場となっています。

ヨットハーバー自体は、ディンギーヨットのためのハーバーとして作られました。(=エンジン無しの風の力だけで動くヨット)また、セーリングする人は、稲毛ヨットハーバーだけのライセンス制度を取って活動しています。
TH_IMG_0126


今回お伝えしたいのは、ここから。

練習用のディンギーが、9時以降になると検見川浜東突堤(海を見て左側突堤)の外側から多数出てきます。そのため、フィッシングカヤック・SUPはディンギーヨットの邪魔にならないように離れて頂きたいです。

ヨットハーバーの建物内に行くと、その日の帆走海域というものが示されています。(追記)
この日×が付いているところがA海域。
TH_IMG_0123
東側堤防に近いのがCの海域。
土日にカヤックやSUPを出される人が多いかと思いますが、どちらもCの海域までディンギーヨットが来ます。
TH_IMG_0124

海はみんなのもの、という認識をされる方も多くいらっしゃるかと思いますが、ディンギーヨットからすると、元から許可されているところに、フィッシングカヤックやSUPが後から来た邪魔モノ、と感じることもあるかもしれません。もしも彼らが声をあげた場合、簡単に稲毛ヨットハーバーからのカヤック出航禁止もあり得るわけです。(実際にあまり良く思われていないという話も聞きました。)

できましたら今後もこの場所で共存させていただけるように、下記の内容を守って貰えたら嬉しいです。


スクリーンショット 2021-04-17 11.50.42
※図の「ディンギーヨット練習場所」という赤いゾーンがおおまかにCの海域です。(本当はもうすこし西よりも含まれます)


朝9時以降は検見川浜東突堤の周囲からカヤック・SUPは離れる。(結構広範囲なので西側突堤、花見川河口側に大きく移動をオススメします。)

・もしもディンギーが近づきそうなら釣りを休止。早めにその場を離れる。(主に数艇で集団になって、目標点でターンをする練習を行っています。数艇がこちらに向かってきそうだったら早めに大きく移動してください。また、釣りをしないディンギーの人はキャスティングでどの程度ラインが飛ぶか不明なので、こちらの考える十分と思われる距離では足りません。)

・堤防内(湾内)の
出航、上陸時も湾内のウィンドサーファー・SUPなどからできるだけ距離を取って移動。

・堤防内(湾内)でマリンレジャーの人が居る場合は、釣りは控える。

風速5m以上(SUPは3、4m以上)になりそうならすみやかに帰港。(何か事故があった場合、ディンギー練習の監視エンジンボートが海保より先に救助に向かう事もあり、
ヨットハーバーの方々に迷惑が掛かります。

・釣り人の多い堤防からもできるだけ離れる。(目線の高い堤防からだと、水面に近いカヤックよりも距離が近く感じる。)

・できるだけ皆さんに明るくご挨拶。好印象ってとても大事です。(ウィンドサーファーの方々などとてもフランクに話してくれます。)

・上陸後の水道利用はできるだけ手短に。(人数が多い場合は一箇所で並ぶロコルールがあります) 

・稲毛ヨットハーバーからのエンジン付きボート(免許不要の2馬力以下も含む)の出航は禁止されています。

・隣の稲毛海浜公園(いなげの浜)はボート・カヤック・SUP・ウィンドサーフィンなどは禁止です。(追記)



湾奥でカヤック・SUPフィッシングができる貴重な場です。
ショアからの釣り場が急激になくなっている昨今、カヤック・SUPの出航場所も制限される恐れは十分にあります。

これからも長くカヤックフィッシングができるように、皆様のご協力を宜しくお願いします!


※ヨットの方々も釣り人の多い堤防から離れるように周知されており、釣り人への配慮もしていただいています。
TH_IMG_0125


にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村 


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村    

今シーズンは気候も結構あたたかめですよね。

とはいえ、夜の北風はさすがにしんどい。

父親が釣り用にUSBバッテリーで稼働するヒーター付きベストをプレゼントしてくれました。
自分が欲しくて一緒に息子の分も買ってくれました。
TH_IMG_8973
ポケットのバッテリーが重いが、結構しっかり暖かい。
場所的にはカイロを4枚くらい貼った感じ。そして暖かさの強弱が3段階付けられる。
TH_IMG_8974
これはかなり使えるアイテム。

・・とはいえ、防寒の基本は首、手首、足首、足先をしっかりガードすることです。

TH_IMG_9079
足先はこれまで足先がひんやりすることが多かったのだけど、ノースフェイスのウィンターシューズ(ヌプシ ブーティー)を買ったら冷えることが一切なくなりました。
新品はそれなりの価格ですが、アウトドア系リサイクルショップでもよく見かけて予想よりもお手頃価格なので、冬の釣りで足先が寒い人は是非探してみて欲しい。
TH_IMG_9153
あとは、グローブとフェイスマスク。耳まで覆えるタイプがオススメ。これで帽子までかぶる。
小さなライズの音などの変化を捉えたいときは若干聞こえにくいのが難点だけど、防寒機能としては最高です。
IMG_6080
・ヒートテックの極暖の上下。
・タートルネックセーター。
・その上にフリース。
・で、上記のUSBヒーターベスト。
・その上にダウンジャケットを着ている。

・下はヒートテック極暖
・厚めの生地のパンツ。
・その上にレインパンツ
靴が暖かいのでこれで十分。

もちろんライフジャケット(救命胴着)は忘れずに。
fullsizeoutput_4f0e
あとはコーヒーやカップ麺、鍋焼きうどんがチートアイテムです。
fullsizeoutput_4f06

fullsizeoutput_3b49







 



にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村 


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村   
 

先日のスズキ。

うちではスズキはわりと火を入れる調理が多いです。
お刺身の場合は5日以上寝かせてます。
IMG_5331
釣りの当日に友人が我が家に来たのでその場で捌いて調理。寝かせる時間がないので焼きの料理をします。
IMG_5335
スズキ香草焼きをやります。

・皮は切れ込みを入れておくと焼いたときに丸まりません。


・焼く前にすりおろしニンニク(チューブでも可)を身にすり込む。
・バジル
・オレガノ
・イタリアンパセリ
・タラゴン
・パプリカ
・カルダモン
を振りかけます。
(ローズマリーは香りが強いので今回は無し)
最近カレーに入れる隠し味で有名なカルダモン、うちはこれにはまってます。

・これで両面を焼きます。
IMG_5337
ということで、我が家のスズキの香草焼き。完成です。 

湾奥のスズキ、黒い居付きの魚はうちも食べませんが、銀色ヒレピンのスズキはよく食べてます。
大丈夫なんだけども、もし匂いが心配な人は香草焼きがお薦めです。
白身のふっくらな美味しさが楽しめます。
 

息子が釣りに行ける時間ができたらしいのだけど、この週末は強風。カヤックは不可。

ということで、久しぶりに港でおかっぱりサビキでも、と思ったのですが起きると4時半。目標だった釣り場までマズメに間に合わない。ということで、並んでるかもしれないけどすこし近い海釣り公園に行くことにしました。5時半着だったけど、当然ながら既に長蛇の列。

空いている場所が少ないかな、内側にすわる。
IMG_1355
前日までよさそうな感じだったのですが、北風冷たく急激な気温低下のせいか、魚が集まってない感じ。
IMG_1363
2m間隔で座っている競争率の高さ。トリックサビキにしておくべきでした。
トリックの人にしか魚はかかってないですね。。周りで大きく見えた魚はアジ、サバ、コノシロですかね。途中でトリックの道具を買いに行こうか迷ったけど、オキアミブロックを解かすのも時間かかるし、まあいいかと思っているうちにあんまり釣れないまま終了にしちゃいました。
 IMG_1359
この竿の固定方法、なかなかのアイデアですね。
IMG_1358
とはいえ、すこしだけ釣れたのがイワシとサッパ。息子も喜んでました。せっかくなので食べたい、とおつまみ分だけ確保して持ち帰り。
IMG_1366
息子が自ら捌いて。
IMG_1367
IMG_1369
ままかりまで手間をかけたくない父子。相談の結果、フライパンでお手軽フライにしました。息子が全部やってみる。
IMG_1371
ということで完成。
IMG_1373
フライかなり美味しいですね。ソースって偉大!笑

久しぶりの親子釣行。なんだかんだ楽しく過ごせました。





いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村

先日釣ったマダイを二日間寝かせてました。

エラ、内蔵は釣り場で取って帰宅。その後水分を十分にとって、ドリップ防止で外とお腹にキッチンペーパーを十分に巻きます。大きなジップロックで余分な空気を抜いて冷蔵に。
fullsizeoutput_40a2
二日後に調理。
IMG_E0839
最近太い骨対策でこの万能ハサミを購入。SK11という化粧品のような名前の何でも切れちゃう強力ハサミです。太い骨やアラなど鍋用に小さくカットするとき、せっかく研いだ包丁が傷むので使い始めました。包丁振りかざして勢いで切るのがちょっと怖かったんですよね。余計な力を使わないでスマートにお魚がさばけてかなりのお気に入りです。
IMG_E0837
二日間寝かせた鯛。
京葉道路の上り幕張パーキングエリアで見つけた醤油でいただきます。
このPA、野田をはじめ醤油で有名な千葉県ということで、千葉各地の名産醤油を集めて売っています。なかなか売っていない工場直送の醤油が売っているというだけでめずらしいですが、沢山の種類を味見をして自分の好きな味を買う事ができるのが大きなポイント。丁度京葉道路の渋滞ポイントとしても有名なので、釣りの帰りに上り幕張PAに寄ってみては如何でしょうか。
IMG_0852
その中で見つけた刺身の為に買った君津の田中醤油「こいくち醤油」。
その後ネットで探してもみつからなかったので、やっぱりめずらしいのかな。また幕張に買いにいかなくては。魚を捌くことになってから道具や醤油などに拘るのは楽しいですね。鯛は当然ながら美味!今度はお寿司もやってみたいです。
IMG_0851
あとは我が家で大好きな鯛飯も。
IMG_E0842
IMG_E0848
アラで野菜たっぷりの味噌汁も作って魚生活充実でした。
IMG_0859

 



 

いつも皆様の釣果をみて楽しませて頂いてます。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村
 

↑このページのトップヘ