TOKYO-BAY OFTEN.

主に東京湾の内房・湾奥のフィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:釣り

今年最後の釣りです。
みなさまの釣果をみて、寒くても一回行って見ようかなぁと頑張ってみました。笑
もちろん上下できる限り防寒。

本当は当日友人と一緒に朝から行く予定だったのに仕事で行けず、夕方からとなりました。
この友人は朝から外房サーフで惨敗、漁港でフグ攻撃に遭い、納得行かないと夕方から出撃の僕と千葉港で落ち合うことに。(彼は結局この日20時間くらい釣りをすることに 笑)

ですが、千葉港は駐車場から大混雑。行ってみるとほぼ3mくらいの間隔で竿が並んでいました。竿先のケミホタルがイルミネーションのようです。。汗
IMG_7869


ということで鴨川から向かってきている友人に連絡して釣り場を長浦に変更です。
(千葉から長浦までの間で夜できるよい釣り場をご存じの方、おしえてください。養老川河口はちと浅すぎて。)

到着して作った仕掛けは、二人分でぶっこみとウキサビキとウキフカセとルアー。なにかかからないかなぁといろいろやってみました。
IMG_E7875
ぶっ込み仕掛けにちりりとたまに鈴が鳴りますが、乗らない。

しばらく動かない時間が続く。現地で沸かす暖かいコーヒーが最高です。
IMG_7876
その後、船の照明が当たる場所にルアーを投げると急に小さな当たりがすごい。
ルアーをどんどん小さくしていって、最後にはサビキをつかってみたら、小さいシーバスが釣れました。
IMG_E7879
15センチくらいなのでリリース。
IMG_E7880
12時近くなると段々と冷え込みますね。この日はまだ風が無いのでなんとか過ごせました。
クルマで待てばいいのに、簡易的なヒーターにあたったりしながら外で過ごしてます。
IMG_7877
その後は鍋焼きうどんを準備。めちゃめちゃ美味しい。
IMG_E7878
過酷な冬の釣りには欠かせませんね。食べたときの充実感は「もう帰ってもいいかな」と本来の目的を忘れます。笑
IMG_E7882
最後に巨大なハゼが釣れました。20センチ超えくらいでしょうか。鈴が鳴って乗らなかった魚はこれだったかもしれませんね。しかし船橋港でみるハゼに見慣れていると、これがまったくハゼに見えません。
IMG_E7883
その後友人もハゼを追加して、1時くらいで終了したのでした。ハゼは友人に提供。この大きさですから、三枚に下ろして天ぷらにするそうです。


当日は千葉港も不調だったみたいですね。
しかし冬の釣りは過酷ですなぁ。


いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村



バーナーはヒーターなど使うと輻射熱がボンベにあたって危険。なので分離式のバーナーがおすすめです。






玉網(たまあみ)つかってます。

タモタモってみんな言ってるので「玉網」って書いて「タモ」って読むのかと大人なのに勘違いしましたが、実際は玉網とは別に「網」(たもあみ)っていう名前があったらしくそこからタモが来ているとか。(辞書で調べた)

堤防でサビキなど小物釣りが多かった僕と息子はこれまであまり玉網の必要性を感じていなかったのですが、ぶっ込みでそれなりのサイズの魚が掛かったとき、周りの人に助けて貰ったりしていて、いつか買わなくちゃと思ってました。釣り具がそろっていても周辺の道具って後回しになりがち。しかも意外と高価。

玉網いろいろを調べると・・

・行きつけの場所に合わせたシャフト長さに。堤防でやるならシャフトが5mくらいあるとどんなところで使える。(長い場合は収納の問題が発生)
・網枠は水滴型のほうが丸形よりもコンパクトなのに取り込みやすい。(幅が狭いけど縦長)
・網とシャフトを繋ぐところが折れ曲がるジョイントがあるとコンパクト収納できる。(ただし2000〜3000円と結構高価)
・網はできれば大きめで深いのがいい。(けど大きいとかさばる問題も)
・かさばるので動くときはホルダーやショルダーベルトで身につけるといい。(パーツがいろいろお金掛かる)

・・などなど、いろいろ複雑で深い。調べるほどに細かいアイテムが必要そうで高価になっていく。


堤防で落ち着いて釣りをするなら柄の長いタイプの網が安くていいです。


でも、柄が長いのでかさばる。あちこち動いて釣りをする人にはシャフト収納時にコンパクトなものがいいです。
その後いろいろ考えて選んだのがこれ。
メジャークラフト ファーストキャスト500   シャフト長5m 網サイズ 55x47cm
IMG_6166
お買得でした。5mのシャフトで大きめの網が一緒になって、実売6500円くらい。上州屋とかアマゾンなどで調べて一応一番コスパがよいアイテムでした。コスパで選びましたがかなりしっかりしてます。
IMG_6162
折りたたみ用にジョイントも購入。
IMG_6164
使った後にクルマに仕舞うときのために100円均一でちょうどいい収納袋も購入。
IMG_6168
なお、ホルダーとかショルダーベルトは付属してません。
そのあたりのパーツはそのうち買えばいいやと、ホルダー無しで釣り場に持っていったら、釣り場で置いてちょっと目を離したスキに無くなってしまいました。(´・_・`) 縁が無かったんだな。

価格的には細かいアイテムを揃えても1万円くらいというのは大きなメリットでした。大きなシーバスや外海で青物などを狙う人はこのサイズが必要だと思います。

現在は2代目の別のタモを使用中。







で、今使っている2代目。
TAKAMIYA ランガンシャフト シャフト長3.9m  網サイズ 40x35cm

前のは(リーズナブルとは言え)いろいろ付けると1万円くらいしたので、もう無くなってもいいくらい安いのにしようと決めた。ということで、現在はタカミヤのシャフト長さ3.9mのタイプを使っています。普段僕が行っている釣り場ではこの長さで十分。一番のメリットは価格が4000円前後とリーズナブル。この値段で4m近いシャフトのタモセットは調べたらここだけでした。さすが釣り初心者の味方TAKAMIYA。ちなみにたまに品薄で購入できないときがあります。(僕は買うときに少し待ちました)
fullsizeoutput_37fb
シャフトが仕舞寸法で43センチと短いので、タモジョイントを付けて折りたたんだら本当にコンパクト。ショルダーベルトも元から付属。タモジョイントだけを追加で購入したらすぐに釣り場でコンパクトに使えます。

小さいのでいつも背中に下げて歩いても邪魔じゃないのがとてもいいんです。今のところ55㎝のシーバスも40㎝越えのイナダも無事取り込むことができたので、僕としては十分かと思ってます。今後もし80㎝のシーバスが掛かって取り込めなかったら泣きながら網だけ大きいのに交換するかもしれません。笑
fullsizeoutput_37f7fullsizeoutput_37fa
追加購入した青いジョイントがぴったりでした。暫く使って居ますが、かなり気に入ってます。
ちなみに釣り具のPOINTはTAKAMIYAがやっている小売事業なんですね。知らなかった。







買う際の競合はこちらでした。網は大きいけど、シャフトが結局3mなのでもう少し余裕が欲しくてタカミヤのにしました。





いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村

検見川浜突堤で流行中?のイナダ狙いです。

連日イナダに出会えずモヤモヤ。
雨続きでも市原や検見川突堤で釣れているとの情報を聞いてさらにモヤモヤ。

忙しい日々ですが、台風で今の流れが変わる前になんとか時間を作って行ってきました。

本当に台風直前の日曜午前。息子と一緒です。息子は以前おそらくシーバスのアタリだけ感じてばらしてしまったので、なんとか釣りたいところ。
釣り当日、事前に行けなかった選挙の投票に。朝一7時に投票をして8時過ぎからの釣行となりました。ここで朝一の良い時間を逃したのは痛かった。

僕達が到着して早々、どうやら帰る釣り人が多い。聞けば6時半くらいに凄い時合いがあったようで、ヨットハーバー突堤の内側にもイナダが入り込むくらいに何本も何本も上がったそうです。5,6本持って帰る家族も。で、その後の落ち着いた頃に僕らが来たようです。汗

到着直後は他でもぽつぽつとは上がっていましたが、僕らの竿にはあたりなく。
雨も強くなったりで段々と人も減ってきてしまいます。
IMG_6966
すると堤防の内側に投げていた息子の竿にあたり!本当に内側にいるんですね。
・・しかしすぐ抜けてしまったらしい。残念。
IMG_6969
雨は降り続きます。時折強風が吹き付けます。
さらに人が減ってきました。

1時間半後くらいに風雨も酷いので帰ろうかという話に。
最後の数投をしたら帰ろうと思った矢先に僕の竿にイナダがヒット。堤防手前まで引っ張ってきて魚影も見えて息子にタモをお願いした時、痛恨の目の前でのばらし。泣
しかし凄い引きです。ぐんぐん底に向かって引っ張られる特長のある引き。シーバスとはまた違いますね。帰ろうとしていたけど、魚が居るとわかると俄然やる気になってしまう。
IMG_6975
結局続行。笑
その後も遠投、遠投。

そうしていると、息子が段々と遠くに投げられるようになってきました。
ミノーよりも重めのジグの方が、ルアーの重量をしっかり感じながら投げられるので上達がしやすいかもしれませんね。あとはルアーの垂らしの長さも重要ってわかりますね。そろそろもうちょっとましな道具を用意してあげたほうがいいかも。

そんなわけで疲れて帰ろうかなぁと思い始めた頃にまたも新たなヒット。
今回はやっとこ無事に上げることができました。
fullsizeoutput_38bc
念願叶いました。嬉しい一匹。サイズは40cmオーバー。
IMG_6976
長期にわたって気になって探し続けた湾奥でのイナダ。大雨で強風の中、やっとこの一匹に逢えました。報われますねぇ。コメントでいろいろ情報下さった方々、有り難うございました。


今回は左のダイワの30gイワシカラーで息子がヒット。その後の僕のあたりは右のゼブラピンクでした。このジグパラショアスロー40g、遠投性能と特長ある動きでノーマルのジグパラより気に入ってます。追い風参考値ですが100m前後くらい飛んでました。
fullsizeoutput_38c4
うーん、これはイナダはまりますね。みなさんがはまってたのも無理ないですね。

まだもうちょっとチャンスがあるといいですね。台風のあと、湾奥の環境がどうなるか。
(あと釣りの時間が作れるか。。)




いつもこちらでみなさんのイナダ釣果を参考にさせて貰ってました。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村









今年の湾奥はすごい騒ぎですね。

結論から言うとまだ青物釣れてません。笑

 「4年ぶりにイナダが湾奥に」と言われると、一応経験してみたいな。。とは思うわけですが、なにせ仕事とかいろいろある中で、釣りにさける時間がもられます。となると、超気まぐれな青物達と湾奥の気まぐれな潮によって、巡り逢えるタイミングも限られます。


以下先週の動き。

月曜火曜は
市原、検見川でイナダの数が凄かったとか。情報だけでどきどきします。

水曜
我慢できずに午前に短時間ですが釣りに行ってみる。用事があり9時くらいから開始。いい時間を逃してしまった。平日なのに人がとにかく凄い。いつも居るおじさま達がめずらしくルアーを投げまくっている。この日は前日までと比べるとかなり状況が良くないようだ。ずっと居た人がやっと1本とれるかどうかだった模様。僕はスレでひっかかったボラのみ。2時間くらいで帰宅。ちなみにこの日の午後は状況が良くなってきたという話も聞きました。
fullsizeoutput_388c
IMG_6922
ちなみにあたらしいリール、ダイワREVROS 3012Hの初テストでしたが、かるーく投げるだけで70mから80mくらい飛んで驚き。(10ftロッド、0.8号ライン、ジグ21g)飛距離は端的に言って確率アップですから、買って本当に良かったです。
IMG_6924
IMG_6927
そういえばこの日、隣のおじさまがルアー交換時に、使ったルアーに真水の霧吹きをして海水を落としてそのまま仕舞っていました。(100均の大きめのアトマイザーに真水を入れている)これで錆びないのでしょうか。帰ってからルアーはまとめて洗っていますが、一度試してみたい技ですね。



木曜金曜もお仕事。
木曜はどこも凄く良かったらしいですね。


土曜は雨
仕事後の夕方に茜浜に様子を見に行くも、みなさんあまりよくなかったそう。
様子を見るだけで帰ってきました。茨城から来られた方とお話ししましたが、遠くから来られている方は本当にがっくりですよねぇ。
夕方の船橋港ではヒイカを今夜これからやってみるという方にも出会いました。釣れたかな。。
IMG_6952


日曜も雨
我慢できず、気分を変えて初めて浦安電波塔に。有名なあの風景を始めて見ましたが、人の多さに驚き。4〜5mくらいの間隔くらいで人がずらーっといましたかね。(これ、ふつーなんですかね。。)
IMG_20171015_064347
あとは丁度干潮で、テトラとさらにその先にあるストラクチャーも見えているという干潮時の釣りにくい環境に驚き。干潮時は先のところまで行けるウェーダーが必須ですね。もしくはもっと潮が高い時じゃないと難しいということもわかりました。
あとはテトラへのアクセスが高低差があり結構大変。息子はそれだけで疲れてしまった模様。
IMG_20171015_064401
IMG_20171015_064225
IMG_20171015_064445
ということで雨も強くなってきまして、息子も疲れていたのでちょこっと投げただけで帰ってきました。
子供が居たら引き際も大事ですね。
ちなみにシーバスは朝一結構居たようで、イナダもちょいちょい釣れていたようです。
IMG_20171015_064533
ということで、天気と情報に翻弄されつつ、いまだ青物と出会えていないのでした。

しかし、釣りってお魚の居る場所にいかに針を投げられるかが本当に基本ですね。
地域もそうだし、運良くいい場所に来ても鳥山まで距離が足りないとなにもできないわけです。

暫く仕事が忙しくなるので一段落したらいろいろ作戦を考えてみようかな。
その頃魚が居るといいのですが。。



いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村









夕方に少しだけ時間があったので、今回場所は船橋港、またも弓角を投げてみます。
イナダは居ないかしら。

船橋港、昔はサビキでイワシ釣りなどしましたが、最近はあまり魚が入って来ているイメージがなかったのでやっていませんでした。個人的なイメージですが。
でも、最近サヨリが釣れたというような情報を頂いたので、船橋港にお魚がいるのだと久しぶりにやってみました。1時間だけの釣行です。

夕方4時から弓角。今日はピンクでやってみます。
IMG_6893
先行でファミリーの方がサビキをやってらっしゃいました。サッパが釣れていたみたいです。
IMG_6891
僕の方は表層のフローティングで弓角を引っ張ってみますが、反応がなかったので、トレーラーをジェット天秤にしてすこし水面よりも下を狙ってみます。
すると結構手前側で小さなセイゴ君。25㎝くらいですかね。
IMG_6894
YAMASHITAの弓角、くるくる回る動作に個体差があります。今回のピンクはちょっと早く巻かないとくるくるしてくれません。遅めに引いて急に早くしたときにくるくるするアクションも良いかもしれないので、どのアクションが釣れるのか不明です。いずれにしても個体差がありますね。
fullsizeoutput_3869
その後1回バイトがありましたが乗らず。
少ししてからもう一匹、同じくらいのサイズが上がりました。
IMG_6897
ということで時間なので帰宅。


夕まづめの良い時間前の帰宅が残念でした。
でも、船橋港にもお魚は居ます。







いつもこちらで皆様の釣果を参考に釣り場に出撃してます。



にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ
にほんブログ村






 

↑このページのトップヘ