TOKYO-BAY OFTEN.

たいてい湾奥、たまに南房。東京湾フィッシングをちょいちょいレポート。

タグ:青物

先日のカヤック釣行のイナダをいただきました。
fullsizeoutput_4ad8
アラを湯引きして出汁を取る。
fullsizeoutput_4ad9fullsizeoutput_4adc
出汁を取ったアラの身をほぐして酒醤油みりんで味付け。
ふりかけに。
fullsizeoutput_4af3
出汁は豚汁に。
fullsizeoutput_4ae5
イナふりかけ。めちゃめちゃ御飯がすすみます。
bI3di0PdS06z1y6zRXK4DQ
もちろんお刺身も。
今回は7日間熟成したトロの部分、旨味が詰まってます。
fullsizeoutput_4adf
fullsizeoutput_4ae1
そして最後はイナしゃぶ。
lNHfif9fS%m584%d0CZ1FQ
やばい。
イナしゃぶ、初めてやりましたけど、これが一番好きですね。
お刺身よりもイナダの脂具合に合ってる気がします。

ということでイナダのフルコース、
「日本人はこうやってお魚1本を余すところなく調理してきたんだなぁ。。」
と家族と話したりしながら頂きました。

父は小さい頃から渓流などでアユ掛けやニジマス釣りをしていた人。
以前から僕の話を聞いて釣りに行きたいと言っていたので、ルアーフィッシングは初めてだけど連れて行ってみた。息子も参加して親子三代で。

あまり釣果は期待せず、湾奥堤防で朝マズメからのショアフィッシング。
水は赤茶色。これはもしかして厳しいのか?と感じるが。。
Zi06DIvnTuOhErW0EbXVrg
岸に近い所にベイトが入ったのか、僕のVJ-16に60センチ弱のフッコがかかった。
湾奥は赤系ルアーが強いと言うけど、VJに関してはナチュラル系の「沖堤イワシ」が最近調子いいです。
TH_IMG_7468
少し経ってからもう1本。若干サイズダウンも嬉しい。
TH_IMG_7473
その後、父、綺麗なワカシを釣る。
fullsizeoutput_4ad2
メタルジグ「TGベイト」30gのイワシカラーでの釣果。
20センチちょっとのサイズ。この時期から湾奥にワカシ。これはこの夏と秋を期待しちゃいますね。以前は4年周期とか7年周期なんて言う人もいましたけど、青物フィーバーは今後毎年起きるのかもしれませんね。

コアジサシがビーチで繁殖しているのですが、ベイトが入ると少し遠くで鳥が海を刺しています。
・・するとまたワカシがあがる。
TH_IMG_7474
TH_IMG_7486
父の竿にだけ、飽きた頃に釣れる感じでワカシを4本釣っていました。

TH_IMG_7488
最後に父もシーバスを釣り上げる。
息子はだいぶキャスティングが上手くなったのだけど、今回は魚が掛からず。。
次回は釣れるのではないかな。

父親はフッコ1,ワカシ4。
結構な好釣果で初のルアーフィッシングを楽しんでくれたようです。

キャスティングは最後まで下手で、僕の飛距離の半分くらいなのだけど、「ルアーの動きをテストして、これ以上は動かしすぎだな、というのをチェックしてから投げていた」とのこと。

釣りが上手い人はどんな釣りをしても意識が違うし、そもそもずっと集中してやっていた。

見習いたいです。
lo+wdb4lQP+O3Ug3bwxbfQ
そういえば、ラテオモバイル90ML-4、感度が良くてめちゃめちゃ気持ち良く振り抜けるロッドでした!
モバイルとは思えない軽さなのもポイントです。
fullsizeoutput_4ac7





久しぶりのカヤック釣行。
緊急事態宣言で房総の港、海岸は皆閉鎖になっていましたが、宣言解除によって段々とあいていくみたいです。ただしかなりの海岸駐車場は6月前半くらいは閉鎖とのこと。(館山市、富津市、船橋市など)

ある役所に電話してみると既に解放された駐車場があるとのこと。「大丈夫ですよー!」と言っていただけた。週末の三密は避けたいので平日に出発。

ほぼ2ヶ月くらいぶりのカヤックで忘れ物してそう感がすごいです。
fullsizeoutput_4acf
現地までの移動時間計算も間違えてしまい、朝マズメタイミングを若干逃す。

それが逆によかったのか、目的地の手前でナブラを発見。
しかし何を投げても食ってくれないナブラ。イワシの回遊もちょっと少なめで翻弄される。

すこし苦労してVJ-16のフォールで漸くヒットさせられた。
久しぶりの青物の強い引き。何度もドラグの出る感覚。楽しめました。
U1AhC3nXQHuY1%1TnXas1w
x6pTTXtWS7KCopS3BDVFXg
60センチ程度のまるまるとしたイナダ。
昨年のこの時期の魚はワカシサイズだったので、もしかすると今年はいい感じなのかもしれません。

なかなか掛けられないナブラ打ち体験は何度もあるけど、今回は冬の釣りのやりかたが体に染みついてしまって、夏の早い釣りの感覚が無かったのが原因かもしれません。

その後はイワシ回遊も少なく潮周りも良くないタイミングなので根魚狙いに。
 OSkZZ8FhTWOjzJEKiZl5dw
良い型のカサゴ。
fullsizeoutput_4acb
小さいのはリリース。
いつものTGベイトで。ほんとに優秀なジグですね。

同行の友人も良型アカハタとオオモンハタを追加。(エソは友人の一本目)
fullsizeoutput_4acc
久しぶりのカヤック釣行。楽しめました。
翌日若干筋肉痛。


今回はこんなタイミング。折角なので地元にお金を落としたくて道の駅に寄ってみました。
きょなんビールと地元生産の野菜を色々購入。
Kee+GHVwSfaAPqnCQjbdYA
このビール、かなり本格的な味でリピート決定ですね。

 

12月は長期の出張もあって、カヤック釣行は今回が最後かも?

風の予報では南房でも大丈夫そうなので友人に連絡。明日行くよと。
3時に起きてみると予報が変化。5m以下ではあるけどちょっとだけ強くなっている。
現場で状況確認だな。。

友人とは3時半集合の予定。
いつも「5分後に着く」とメッセージが来るのに今日は来ない。
釣りで寝坊なんてしたことのない友人がまさかの寝坊。今日は諦めかな。と思った4時半に電話あり。5時半に集合して出発。


現地着6時半すぎ。
ネットでよく見た緑のファルトカヤックを見つけ、ご挨拶。
ファルトボートで釣りをされるサイトで有名な"ぽからさん"でした。

天候は若干の風だけど穏やかな感じ。少し先で軽めの鳥山。
その後ぽからさんは先行されました。

準備していると少しだけ風が強まってくる。満潮もあって意外と波が荒く出航を見合わせ。
IMG_5417
するとぽからさんも帰ってきまして、一緒に風が落ち着くのを待ちました。
IMG_5418
出航しないまま2時間近く待ったでしょうか。

やっと風が落ち着いてきて出航。しかしちょっとうねりがあるのですぐ戻れる位置で釣り。

魚探の反応はちらほらありますが、ベイトは少ない模様。
色々ルアーを試すも反応の無い時間が数時間。
ぽからさんは途中で帰られました。またあいましょう。

風は段々落ち着いてきますがたまにすこし強い風が吹くことも。



今日は諦めようかと思った午後3時くらい。
居なくなっていた鳥山が遠くで復活。頑張って追いかけるとちょいちょいボイル。

やっとのことでバイトを得ます。上がってきたのはイナダ。40センチ前後。
IMG_5419
VJ-16での釣果。
その後すこしバイトが減ったのでスピンテールに変更すると一投で一匹かかることに。ここから連続ヒットでした。

友人もメタルバイブでイナダを1本。
その後彼もスピンテールに、しかしかからず、VJにするとヒット。上がったのはなんとタチウオ。
魚探が真っ赤になる瞬間があって、タチウオはすごい群れで一瞬で通り過ぎた模様。
僕も急いでワインドしようかとジグヘッドに換えたけど、タチウオは通り過ぎた後だったのかイナダを追加。
IMG_5422
ということで、朝マズメを逃した結果、風の影響もあり一日我慢の釣りでした。
釣れないと粘ってしまう釣り人の習性により、結局夕方まで。そのおかげで最後に報われました。
IMG_5424
IMG_5426
二人の釣果でタチウオ1,イナダ7。
湾奥に居たイナダが帰ってきたのか、それにしてはちと小さい40センチ前後のサイズでした。
IMG_5425
今日は雲がほとんどなく素晴らしい富士山と夕焼けでした。
IMG_5427
日が落ちてから一気に冷え込む。久しぶりにお湯を沸かしてカップラーメン。
その後真っ暗な中で片付けをしました。


今日は完全に時合いを待つ釣りでしたね。
一日長かったです。






今日のルアー。
IMG_5428
今回もコアマンに助けられる。
今日のボイルは他のルアーでもいけたかもしれませんが。


 

PB-30とリアルスピンは今年一番のヒットルアー。
今年はスピンテールでサワラもイナダもシーバスもカヤック釣りで釣果を上げてきました。
去年までスピンテールは全然使わないルアーだったのですが、見方が全く変わりました。






最近ミノーで魚を釣ってない。。秋も終わってしまいました。

友人がまだサワラを釣ってないので、今回リベンジ。

以前スピンテールで釣れたので今回は10センチ以上のハードルアーを投げてみようと準備。
IMG_5326

当日、朝イチは風があるので9時ころからスタート。
青物狙いなのですこし沖目に漕いでみます。

魚探に反応はあるけど縦の釣りでは反応薄い。大きめの魚はいるけど、イワシのベイト反応は無い。

スピンテール、メタルジグ、メタルバイブ、ミノー、色々投げているけど反応なし。なかなか苦労しました。

これまで投げてなかったハウルを投げるとあがったのはシーバス。55センチくらい。
IMG_5330

その後、サワラが跳ねるのが遠くに見えてドキドキする。

鳥の動きがあやしいので追いかけて見ると、周囲でプチナブラ。アドレナリンが出ます。
サゴシサイズのジャンプが目の前で起こるも、メタルジグやピンテールサゴシチューンなど投げたけど反応なし。ベイトが少ないのかすぐに終わってしまう。

こういうのが今日は2回ありました。

釣り船の釣果報告などみるとサワラを結構釣ってらっしゃるので、悪くは無いはずですが、カヤックで行ける2〜3キロ程度の範囲ではベイトが少なくて厳しい日だったのかもしれません。(ということにしよう)

その後友人が65センチ、60センチのシーバスをゲット。VJ-22でした。
でっぷりしていい型のシーバス。このくらいになると簡単には海面に上がってこないのでタチウオ?かと思ってしまいますね。

ということでシーバス三兄弟で終了。
IMG_5331
ふつーに見て良い釣果なのですけど、青物が欲しかったから帰りはまあまあ口数が少ない二人。釣れないと口数少なくなる釣り人あるある。

しかし青物狙いでかなり色々投げたのですけど、なにがいけなかったのか。
前回、スピンテールで釣れたので同じルアーを友人に渡すとアクションの違いで釣れないと言うことがありました。ルアーが合っていれば大丈夫、という訳では無いみたい。思っている以上に繊細な感じなのでしょうか。前回のヒットパターンは今日ははまらず。釣り船の釣果を見てミノーを投げるもはまらず。

自分の引き出しがまだ少ないのか。
修行が必要ですなぁ。。
IMG_5339
色々投げました。。。




立冬も過ぎ、結構寒くなってきましたけど、もうちょっと湾奥青物、やりたいですね。
(今回からドライパンツ使いました。水が冷たい。)



今回のヒットルアー

どちらもワーム。これを投げてればこの時期のシーバスはなんらか釣れますね。









↑このページのトップヘ